新成人の魅力を引き立てる着物日傘に!撮影小物に起用して頂いたカレンダーがついに完成しました!


CASAリメイク作家のTammyです。

 

クリスマスだった昨日、とてもうれしいお届け物がありました!


それは私の代表作品である着物日傘を、ロケーションフォトを撮るときの撮影小物として起用してくださった「ボンボニエール2020」というオリジナルカレンダーだったんです。

起用してくださったきっかけやカレンダープロジェクトの様子は、以前こちらのブログで書きました。

今日は完成したカレンダーのご注文方法などを含め、カレンダーの中身もちょこっとだけご紹介します!

(おさらい)ボンボニエール2020カレンダーとは?

さて、以前にも1度ご紹介させて頂いたのですが、今回撮影小物の作家として参加させて頂いた カレンダー制作企画「ボンボニエール2020カレンダープロジェクト」とは、大阪府茨木市にある12のお店と2020年度の新成人を「アート」で結ぶ実験プロジェクトです。


カレンダーのテーマは「レトロビューティー」

当プロジェクトで選ばれた新成人が着物モデルとして、12ヶ月の物語カレンダーに出られています。

今回のプロジェクトをはじめ、茨木の新たなビジョンを見つけ出すため様々な企画を提案するのが、「BonBon企画室」さん。

そのBonBon企画室を主宰する鰆⽊ 翔⼦さまより、着物モデルさんを引き立てる小物として着物日傘をお貸しするという今回の撮影協力のお話を頂きました。

共通の友人よりお話を繋いでもらった時は、びっくりすると同時に、コンセプトも素敵で、とてもワクワクするようなお話だったので、本当にうれしくて!

もちろん「喜んで!」と即答しました!

カレンダーの中身をチラッと一部だけですがご紹介です♪

私の作った着物日傘は、1年のうち8月のページに登場させて頂いています。

日傘なので、やはり1番暑い盛夏の季節が似合いますよね。

今回は撮影に使用する着物と帯の候補を何パターンか見せて頂いて、それに合いそうな着物日傘を私の方で数点見立て、最終的にどれを選ぶかの判断は先方にお任せするという流れでした。

どの和装も素敵でした!

そんなコーディネイトに私の作品を起用していただけるなんて、打ち合わせの段階からも心が躍りました。

8月のシーンは、お稽古帰りに茨木市の宇野辺に実在する「キッチン花子」というお弁当屋さんにお弁当を買いに行くというシチュエーション設定。

お弁当屋さんと着物姿の女性という一見マッチングが難しそうな組み合わせを、最終的にどんなふうに描かれるのか、興味津々でした。

フタを開けてみると、なんておちゃめで可愛らしい写真なんでしょう!

お弁当屋さんのショップカラーと着物姿のモデルさん、色合わせもバッチリ。

全部はお見せできませんが、見ているだけでストーリーが広がるカレンダー、どの月もアイデアがユニークで、かっこよくて、楽しいんです!

ボンボニエールのカレンダープロジェクトは、各界精鋭のプロの方々が集まって作り上げられた「アート」です。

そんな中に、和装小物作家として参加させて頂けたこと、とても光栄でうれしく思います。

これからワクワクするような未来がある若い皆さんが、着物日傘を持つことで、フレッシュな魅力がより開花する。

その魅力開花のお手伝いができたことは、作り手冥利に尽きます。

完成したカレンダーは、私にとって最高のクリスマスプレゼントになりました♡

着物日傘は敷居が高い!?あなたの魅力を引き立てる小道具にもなってくれます。

今は日傘のシーズンと真逆の冬なので、ちょっとイメージが湧きづらいとは思いますが、、、。

あなたにとって「着物日傘」ってどんなイメージでしょうか?

大切な着物をリメイクで日傘に形を変えるって、一般的にちょっと敷居が高いのかなぁと思います。

「時間」も、「手間」も、もちろん「お金」もかかります。

気分で衝動買いするようなものでもありませんよね。

でも、今回カレンダーの撮影でお貸ししたことがきっかけで、私の中でもちょっと着物日傘に対して新たな変化があったんです。

着物日傘は、大切なお出かけの時にちょっとだけ使って、それ以外はあまり外に出さずに大切に保管しておく。

日常づかいするのはちょっと違うのよね、というのが今までの私やお客さまの当たり前だったように思います。

けれど、使う人によって、その用途や見方が違ってもいいんです。

「インテリア」として、お部屋の中に飾るだけでもいい。

日よけという「実用品」として、日常にどんどん使ってもいい。

「ファッション」の一部として、コーディネイトの差し色にもってきてもいい。

魅せる「アート」として、イベントに登場させてもいい。

持つ人も、10代でも、100歳でも、女性でも、男性でも、持ちたいと思った人が持ったらいいの。

枠にとらわれることなく、自分の中の「好き!」や「素敵!」の感覚を大切にする。

作り手としては、最高のものを提供したいけれど、お渡しした後は、その方にすべてを委ねたらいい。

それが私の気づきでした。

日傘で持つ方の魅力を引き立てるお手伝いができれば、こんなにうれしいことはありません!

という訳で、今後もイベントなどで小道具に使いたいなどのご依頼があれば、お貸しできる作品は喜んでお貸ししていきたいなと思います。

また作品のレンタルにご興味がありましたら、お問い合わせフォームからご連絡くださいね。

カレンダーのご注文方法

さて、ご紹介したボンボニエール2020カレンダー、購入したいという方へ。

定価 1,500円(オールカラー28ページ)で、茨木市内の12の協賛店舗にて、限定発売されているそうです。

店舗まで買いに行けないという方
カレンダーに関してのお問い合わせは、
tel:072-620-0550
スタジオオレンジアゴーゴー内 BonBon企画室さんまで。


送料はかかりますが、送付もして頂けるようです。

イベントやレッスン、お打ち合わせなどで私のアトリエにお越し頂いた方には、実物をお見せすることもできます!

世界観が本当に素敵なので、ぜひ見て頂きたいです(^^)♪

ご参考:撮影風景ダイジェスト(YouTube)

さて、本日ご紹介したBonBon企画室さん、最後にもう1度ホームぺージなどをご紹介しておきますね♪

今後のイベント情報など、最新の情報をfacebookページやインスタグラムなどでアップされています。

お時間ありましたら、ぜひぜひサイトをご訪問されてみてください♪

【BonBon企画室】 

BonBon企画室さま、このたびは素敵な企画に参加させて頂き、どうもありがとうございました♡ 

以上、素敵な人やモノのご紹介でした。


ここまでお読み頂き、ありがとうございました。


Casa de Paraguasの日傘は、

<「リメイク」というひと手間の魔法で、想いをカタチに>

という理念の下、託してくださった方に寄り添い、作り手の顔が見えることを大切にしながら、1本1本時間をかけて手作りしています。

 

お客さまにとって、「世界に1つの宝物」のような、「愛おしい子ども」のような存在になることを願っています。

 

「こんなもので日傘って作れるのかな?」

「こういう日傘があったらいいな」

 

お客さまが作ってほしい日傘のイメージに、できる限りやわらか頭で対応します。日傘のこと、お気軽にご相談くださいね。

 

なお、今オーダー頂きますと、仕上がりは最短で2020年2月末を予定しています。

>>当店の日傘のオーダーメイド詳細のご案内はこちらから

 

1Dayレッスンでしたら作った日傘をその日にお持ち帰り頂けます。

>>レッスンの詳細はこちらから

なお、当店はオーダーメイドだけでなく、着物日傘の完成品やリメイク雑貨なども、少しだけですがオンラインショップにて販売しています。

 

完成品なので、もちろんすぐにお使い頂けます。

 

オンラインショップで販売している商品は、着物をリメイク制作した私のオリジナル作品のため、すべて世界にたった1つしかないものです。

 

そのため、完売しましたら、同じものの再販はありません。

 

お時間ありましたら、ぜひ1度Online shopもご覧くださいね!


同じテーマの記事