· 

あの着物がこんなにおしゃれに変身したの!?

(2016年のアトリエ日記からの修正加筆版です)

CASAリメイク作家のTammyです。

 

先日4本の日傘をお送りしたお客さまより早速ご感想を頂きました。

 

当初の納期より1ヶ月ほど頑張って前倒しさせてもらいました。

 

それがグッドタイミングだったようで、そのエピソードも交え、ご感想をこちらでシェアさせてくださいね。

(掲載のご了承は得ています。)

 

いずれも形見のお着物からのリメイクです。

お客さまのご感想です。

こんにちは。

ご連絡ありがとうございました。

 

つい先ほど商品を受け取り、中身を確認させていただきました。

 

どれも素敵に仕上がっており、とてもうれしいです。

 

柴田様にお願いしてよかったと心から感謝しております。

 

実は当初、仕上がりは10月頃とお聞きしていましたので、商品が届いたら使用していただく予定の息子の嫁たちと義妹に送ろうと考えていました。

 

ところが早く仕上げて いただいたことで、亡き母の三回忌の法要で明日実家に帰る時に持っていくことができます。

 

本当にグッドタイミングでした。  

 

また、みんなからも感想も聞いておきます。  

 

本当にありがとうございました。

 

(後日)

 

こんにちは。

 

母の法事を終えて帰ってきてから、久しぶりにブログを拝見させていただきました。

 

流石に「ちちんぷいぷい」の反響はすごいですね。

 

私はただ単なる発注者の範疇を超え、親戚(勝手な思い込みですみません)が出演しているような感覚でじっくり観させていただきました。

 

自然体で本当によかったと思います。

 

ますます柴田様のファンになりました。   

 

また、母の形見の着物がリメイクされた記事も書いていただき、本当にありがとうございました。

 

写真も素敵に撮れていて、とても嬉しくなりました。   

 

その4本の傘の行先が決まりましたので、ご報告です。  

 

実際に傘を広げて見せたところ、 異口同音に「あの着物がこんなにおしゃれに変身したの~」 とびっくりした様子でした。   

 

大切に使いたいと言っていただけました。

 

亡母もきっと喜んでいると思います。   

 

ちなみに

  • グレーと赤の細ストライプ → 義妹
  • 紬の黒地に模様入り → 長男の嫁
  • 黒っぽいピンク → 次男の嫁
  • 青と黒の模様 → 私

になりました。

 

今後もブログを読ませていただき、 陰ながら応援させていただきます。

 

それではご活躍を心からお祈りしております。

きっかけは「LIFE 夢のカタチ」でした。

実はお客さまとのご縁は、昨年(2015年)秋に放送された「LIFE 夢のカタチ」を偶然観て頂いたことから始まりました。

 

自分でも信じられないことですが、日傘づくりを始めてからこの数年で、テレビ関係者の方から幾度となく取材のご依頼を頂くようになりました。

 

リメイクが好き。

手芸が好き。

人と人とのつながりを大切にしたい。

私にしかできないことをして、私の存在価値を確かめたい。

 

そんなシンプルな気持ちから始めた Casa de Paraguas です。

 

何でも簡単に安価に手に入り、年賀状もメール1通で済ましてしまうような時代に、箪笥の奥にしまっておいたそのままでは使えないものに、わざわざ時間とお金をかけてリメイクをする。

 

しかも、面倒なやり取りも多々あり(汗)

 

まず注文するのに、色々と決めごとがあります。

 

生地はどうするの?

オプションつけるの?

余ったら布はどうするの? などなど。

 

で、注文したら、 今度は私からすごーく長い読むのもためらうような活字いっぱいのメールが届きます。

 

それから、振り込んだり、生地を送って頂いたり、質問事項のやり取りしたり。

 

とにかく面倒くさいこと満載。

 

それに今すぐ欲しいと思って頂いても、実際今は何ヶ月も仕上がりを待って頂いているような現状です。

 

時代に逆行しているようにも思えますが、実際に今回のように喜んでくださるお客さまがいる。

 

そこに、私の存在価値があるのかなと。

 

<ゆったりロハスなスローライフ> とまではいかないですが(実際、毎日てんやわんやだし)、私は、日々成長を望みつつも、見てくださっている方がホッとできるマイペースな存在でいられたらいいなぁと。

 

開業当初からは色々と変わったけれど、私の中身はあまり変わっていないし、想いも変わっていないと思います。

 

私のひとりよがりだった夢に、これからは社会貢献への想いを載せて、地に足つけて活動していきたいと心から感じています。

 

ワクワクすることに、人を巻き込むのが好き!

 

たとえ小さな発信だとしても、そのことが、誰かが何かに気づいたり始めたりするきっかけになったら、すごくうれしいです。

 

Kさま、このたびは大切なものを託してくださり、ありがとうございました。

 

ご縁に感謝いたします♡

 

 

 

 

以上、お客さまの声でした。

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。


Casa de Paraguasの日傘は、

 <「リメイク」というひと手間の魔法で、想いをカタチに>

 という理念の下、託してくださった方に寄り添い、作り手の顔が見えることを大切にしながら、1本1本時間をかけて手作りしています。

 

お客さまにとって、「世界に1つの宝物」のような、「愛おしい子ども」のような存在になることを願っています。

 

 「こんなもので日傘って作れるのかな?」

「こういう日傘があったらいいな」

 

お客さまが作ってほしい日傘のイメージに、できる限りやわらか頭で対応します。日傘のこと、お気軽にご相談くださいね。 

 

>>当店の日傘のオーダーメイド詳細のご案内はこちらから

 

>>お問い合わせはこちらから