· 

神戸新聞さんに取材記事掲載をして頂きました☆

(2017年のアトリエ日記からの修正加筆版です)

CASAリメイク作家のTammyです。

 

またまたうれしいご報告です!

 

兵庫県を代表する地方紙である神戸新聞さんに、日頃の制作活動や、6月開催の個展についての取材記事を掲載して頂きました。

 

2017年5月25日(木) 神戸新聞 (夕刊) 『古い着物 私だけの日傘』 というタイトルの記事が写真入りで掲載されています。

 

>>こちらからweb版での神戸新聞の記事が閲覧して頂けます。

掲載のご連絡を頂いて、早速夕方うれしくて、近くのコンビニに買いに走ったのですが、あいにく刷りたてホヤホヤは手に入らず(泣)

 

1部は神戸新聞さんのはからいで送ってくださるそうなのですが、郵送なので手元に届くまで時差があり。

 

「あぁ、早く見たいなぁ!」という訳で、取り急ぎ神戸新聞を購読しているお友達に記事の画像を送ってもらいました。

 

そんな訳でどのあたりに記事を掲載 して頂いたのか、まだわかりませんが、とっても大きく紙面を割いてくださった模様。

 

記事も詳しくわかりやすく書いてくださり、本当に本当にありがたいです。

(web版の記事で内容確認しました。)

 

このところ、びっくりするようなうれしいBIGニュースが続いています。

 

「すごいですね!」と言っていただくこともありますが、私自身がすごいのではなく、取り上げて頂けること自体が奇跡的だと今でも思っています。

 

まだまだ取り上げて頂く記事の大きさに、中身が全然伴っていません。

 

身に余る光栄ではありますが、私はいたって淡々とマイペースです。

 

こんな私にも人と比べてすごいところが、もしもあるとすれば、それはすごく地味にコツコツ続ける才能かな!?

 

あとはあり得ないでっかい夢を本気で叶える気でいる図太さかな(笑)

夢の500玉貯金、続けていますよ。

 

Parisの個展実現のためにコツコツね。

 

いつ頃その夢が叶えられるかな。

 

10年後?5年後?3年後?

 

10年後にちょうど50歳だからキリもいいし、よし、夢の実現は10年後に決めてしまおう! 

ありがとうございました!

取材してくださった記者さんにボソッと語ったそんな大きな夢も、ちゃんと書いてくださっていました。

 

神戸新聞社記者様ならびに関わってくださった沢山の皆様、このたびの取材記事掲載に関しまして、心より御礼申し上げます。

 

 

 

 

 

以上、メディア掲載でした。

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。


Casa de Paraguasの日傘は、

 <「リメイク」というひと手間の魔法で、想いをカタチに>

 という理念の下、託してくださった方に寄り添い、作り手の顔が見えることを大切にしながら、1本1本時間をかけて手作りしています。

 

お客さまにとって、「世界に1つの宝物」のような、「愛おしい子ども」のような存在になることを願っています。

 

 「こんなもので日傘って作れるのかな?」

「こういう日傘があったらいいな」

 

お客さまが作ってほしい日傘のイメージに、できる限りやわらか頭で対応します。日傘のこと、お気軽にご相談くださいね。 

 

>>当店の日傘のオーダーメイド詳細のご案内はこちらから

 

>>お問い合わせはこちらから