· 

糸の数だけ日傘のストーリーが詰まっています。

CASAリメイク作家のTammyです。

 

「あなたは何フェチですか?」

 

いきなり何ですのー!? な質問でしたね(笑)

 

私は手芸用品で言うと、特に「糸」が好きなんです。

 

いや、もちろん布もミシンも、待ち針なんかも好きなのですが。

 

あ、メジャーも結構好き。

 

でも、とりわけ色とりどりの糸に心惹かれるのです。

アトリエのミシン糸棚は、特注品なのです。

アトリエの中でドーンと構えるミシン糸棚、実は数年前にある方にオーダーメイドで作ってもらった特注品なのです。

 

シャッペスパンの60番のレギュラーサイズがピッタリ入るようになっている、お気に入りの自慢の棚です。

 

このミシン糸棚は、増え続けるミシン糸の収納に頭を悩ませていたところから、話は始まりました。

 

たまたま検索で見つけた作家さんに、いきなりラブコールして無理難題を。

(お決まりのゲリラ問い合わせ!)

 

トレーが取り外しできるように、細やかな工夫もされているの。

 

色もお気に入りのウォルナットで、環境に優しい塗料を塗って頂きました。

ミシン糸のマイルール

私は基本的に日傘のオーダーを頂く際、生地のカラーに合わせて、同じカラーのミシン糸を2つずつ購入しています。

 

大体はミシン糸1つで作れますが、もう1つは何で買うのだろうか。

 

スペアがある安心感かな?

 

いや、「またご縁がありますように」というおまじないかもしれない。

 

そんなふうに新しい依頼が来るたび、未所有のカラー糸を買い足していく。

 

そうするとですね、気がつけばシャッペスパンの60番だけで56種類になっていました。

 

これにかける2すると、軽く100は越えます。

 

ミシン糸の数だけ、制作の歴史がある。

 

ミシン糸の数だけ、日傘のストーリーがある。

 

そう考えると、なんだかワクワク。

 

小さな糸にも、ロマンを感じる!

私のささやかな夢

 

私のささやかな夢は、ミシン糸をオーダーだけで全色揃えること。

 

300種類あるそうです。

 

ただ糸のカラーを全色揃えるという夢なら、300種類の糸を大人買いすれば、今すぐにでも叶ってしまうものです。

 

が、それじゃ面白くないでしょ。

 

敢えてオーダー頂く生地に合うミシン糸を、少しずつ買いそろえるところに楽しみがあるんです。

 

オーダーによっては在庫糸でぴったり合う時もあるので、オーダーのたびに毎回追加で買うとも限りません。

 

さて、あと何年後にこの私の夢はコンプリートできるでしょうか!?

 

理論上、夢が叶ったとしても、今の棚に300種類も糸がに入らないという問題は新たに発生するけれど。

 

その時は2つ目の棚をオーダーします! って、果たして同じ作家さんが、私の依頼をまた受けてくれるかどうかはわからないけれどね。

 

「糸」1つ取っても、その糸の向こうには、オーダーを頂く方のストーリーも見えてくるのです。

 

だから、リメイクの日傘づくりは難しいけれどやめれれない。

 

託してくださる方がいる限り、続けていきたいライフワークです。 

ちなみに…なTammyマル秘話を最後に

話はちょっと最初に戻りますが、フェチではなく、逆に私がとても苦手なものは、尖ったもの。

 

尖った先が自分に向くと、飛んできそうなイメージで怖くなってしまうのです。

 

ドキドキして、当たってないのに「痛い」って思っちゃうのね。

 

いわゆる先端恐怖症!?

 

これは子どもの頃から変わらずで、家族の中では周知の事実です。

 

なので、気を使って、オットも息子も、私には刃物の先や鉛筆も向けないようにしてくれています。

 

手芸って実は尖ったものをいっぱい使うんです。

 

針、ハサミ、千枚通し、などなど。

 

でも、とりあえず自分の方に尖った先が向かなければ大丈夫。

 

今思うと、自分に向かって指をさされるのもすごーく嫌なのね。

 

もしかすると、これも先端恐怖症の症状の一種かもしれません。

 

色んな苦手はあるけれど、生理的にダメなのは先端です。

 

って41年目に何の告白だ!(笑)

 

とりあえず私も人の子ってことで。

 

さて、雨の金曜日。

 

お休みまであと1日です。

 

私は今日もこもって日傘づくりです。

 

あなたにとって、今日も素敵な1日になりますように。

以上、ちょっと小話でした。

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。


Casa de Paraguasの日傘は、

 <「リメイク」というひと手間の魔法で、想いをカタチに>

 という理念の下、託してくださった方に寄り添い、作り手の顔が見えることを大切にしながら、1本1本時間をかけて手作りしています。

 

お客さまにとって、「世界に1つの宝物」のような、「愛おしい子ども」のような存在になることを願っています。

 

 「こんなもので日傘って作れるのかな?」

「こういう日傘があったらいいな」

 

お客さまが作ってほしい日傘のイメージに、できる限りやわらか頭で対応します。日傘のこと、お気軽にご相談くださいね。 

 

>>当店の日傘のオーダーメイド詳細のご案内はこちらから

 

>>お問い合わせはこちらから