【個展レポ】6月1日、搬入日☆

(2017年のアトリエ日記からの修正加筆版です)

CASAリメイク作家のTammyです。

 

2017年6月に、人生初めての着物日傘の個展をしました。

 

さて、今回のお話は、個展搬入日(個展本番前日)の朝の様子です。

まったりとこうなる予定の1日でしたが…
まったりとこうなる予定の1日でしたが…

いよいよ明日から2日間が本番です。

 

普通は画家さんとかが個展を開くというと、1週間くらいは開催されるそうです。

 

なので土日以外は比較的ゆったりほっこり、来て頂いた方との交流も楽しめるのかな。

 

「なんで2日間だけにしたの?」って聞かれることもありますが、それは単に私サイドのキャパシティの問題なのです(汗)

 

個展は私の夢の1つでもありますが、同時に私は主婦であり、一児の母でもあり。

 

個展は来て下さる方をお迎えするためにも、終日在廊していることが望ましいですよね。

 

でも、お母さんはご飯も作らにゃならんし、学校から帰ってくる息子のケアもするし、お洗濯を干したり取り込んだりもしなきゃ。

 

そうすると1週間もギャラリーに通うのは、現実的に無理だし、その無理をゴリゴリして、自分のわがままを今通すべきかと考えると、自分の中の答えがNOでした。

 

2日間でも家を空けるのは、正直、家族には心苦しくて。

 

その間のお母さん代行をしてくれる義母には、本当頭が上がりません(汗)

 

そんな訳で2日間のみの開催になりました。

 

場合によってはお越し頂いた方が集中して、ゆっくりとご覧頂いたり、一緒にお話したりということが難しい事態にもなり得ます。

 

ご不便をおかけすることもあるかと思いますが、何卒ご容赦くださいませ。

 

私に何か言いたいことがあるけれど、ちょっと手が離せなさそう?と思われたら、ぜひお近くのスタッフカードをつけている協力スタッフにお気軽にお声かけを!

 

私に取り繋いでもらいますので。

 

協力スタッフは全部で5名。

 

みんな私の大切なお友達ばかり。

 

実はみんな、ボランティアの手弁当で駆けつけてくれるんです。

 

中には搬入・個展2日間で、合計3日連続お手伝いをして頂く方もいらっしゃいます。

 

本当にありがたくって。

 

手伝ってもらえると実際に助かるだけでなく、心の支えや安心感にもつながっています。

 

また素敵な協力スタッフさんたちは、個展が終わってからゆっくりご紹介しますね。

 

さて、今日はこれから搬入のために、お友達が車でお迎えに来てくれます。

 

ワクワクドキドキしすぎて、結局朝の3時半に目覚めちゃった。

 

搬入作業が終わったら、ギャラリーの オーナーさんもお誘いして、スタッフのみんなと、ささやかな個展プレお茶会をする予定にしているんです。

 

またその様子も、早めにレポできたらしますね!

 

力尽きたら、また後日ってことで。

 

しつこいようですが いよいよ明日から個展です! (※今日ではないのでお間違いなきよう)

 

お天気もなんとか持ちそうなので、良かったらお散歩がてら、ちょこっとでも様子を見にいらしてくださいね。

 

 

 

 

以上、個展レポでした。

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。


Casa de Paraguasの日傘は、

 <「リメイク」というひと手間の魔法で、想いをカタチに>

 という理念の下、託してくださった方に寄り添い、作り手の顔が見えることを大切にしながら、1本1本時間をかけて手作りしています。

 

お客さまにとって、「世界に1つの宝物」のような、「愛おしい子ども」のような存在になることを願っています。

 

こんなもので日傘って作れるのかな?」

「こういう日傘があったらいいな」

 

お客さまが作ってほしい日傘のイメージに、できる限りやわらか頭で対応します。日傘のこと、お気軽にご相談くださいね。 

 

>>当店の日傘のオーダーメイド詳細のご案内はこちらから

 

>>お問い合わせはこちらから


同じテーマの記事