【個展レポ】2日間の個展、無事終了しました。

(2016年のアトリエ日記からの修正加筆版です)

CASAリメイク作家のTammyです。

 

2017年6月に、人生初めての着物日傘の個展をしました。

 

今回は、個展当日についてを振り返ってお話しようと思います。

人生初めての個展が無事に終了しました。

2日間に渡る人生初めての個展が 昨日無事に終わりました。

 

おかげさまで人が途切れることがなく、結局2日間で全国から300名を超える方々が、私の個展に足を運んでくださいました。

 

本当にびっくり感激です!!

(大きく見積もって目標が200名だったので)

 

時間帯によってはギャラリー内に30名以上入り、すれ違うのもやっとな状況もあり、ゆっくり見て頂けない方もいらっしゃったかもしれません。

 

それでも2日間を通して大きなトラブルもなく、スムーズに、笑顔が絶えないにぎやかな個展にすることができたのは、オーナーを始め、お助けスタッフとしてご協力頂いた友人たち、そしてお越し頂いたお客さまのおかげです。

 

本当に温かく、優しく、楽しい時間で「幸せの再来」を1番感じていたのは、間違いなく私だったと思いました。

 

とりわけ、お手伝いを申し出てくれた友人たちには、本当に感謝してもしきれません。

 

交代で休憩を取ってもらう状況を、私がちゃんと作れないままの2日間、お昼ご飯抜きの立ちっぱなしで、本当に大変で疲れているはずなのに、まったく嫌な顔1つせずに、お客さまの対応を笑顔で進んでしてくれました。

衣里さん、千恵さん

左:岡本衣里さん、右:羽藤千恵さん
左:岡本衣里さん、右:羽藤千恵さん

衣里さんが作ってくれた共布のポシェット、沢山のお客さまにほめてもらいました。

 

衣里さんの丁寧な和の物づくりは、口コミでどんどん評判が広まっています。

 

衣里さんの明るくフレンドリーなお人柄で、個展でも楽しくお客さまとお話している様子が印象的でした。

 

会うとつい心が「ルン♪」としてしまう、不思議な魅力のある衣里さんです。

ウェルカムティーは、千恵さんセレクト。

 

半年前から考えてご用意してくださいました。

 

「白桃烏龍茶」という種類の茶葉の水出し冷茶です。

 

私をイメージしてセレクトしてくれたお茶。

 

表立った派手さはないのに、飲むと凛とした華やかさと、くっきり残る爽やかな香りが特徴的。

 

海外では一番人気のお茶だそうです。

 

私が夢として持っている、海外に活動を広げていくことも加味してくれました。

あこちゃん、絵美さん

左:あこちゃん(平新綾子さん)、右:西山絵美さん
左:あこちゃん(平新綾子さん)、右:西山絵美さん

あこちゃんは2日目からのお手伝いしてくれたのですが、すぐに初対面のみんなとなじみ、気配りも上手で、笑顔がとてもキュートなのです。

 

こんなお嫁さんほしいって思う。

 

実はもう大きなお子さんもいて、私より先輩ママなんだけどね。

 

あこちゃんは、来月とても大きな チャレンジがあるんだって。

 

今度はTammyがあこちゃんの応援団長になるから、何でも相談してねー! (ってそんなにざっくり言われてもね笑)

絵美さんの書はやっぱりすごい。

 

皆さん、腰を低くして、じーっと絵美さんの作ってくれたタグを見ては、感心されていたのです。

個展直前にスタッフカードの制作まで頼んでしまったけど、今回も私の無茶ぶりに、全力で頼んだ以上のことをしてくれました。

 

優しさと強さの両方を持っている人。

 

私にもおまけのカードを作ってくれました。

 

台紙は日傘の布から選んでくれました。

 

そういう細かいこだわりポイントがまたツボ!

水玉ちゃん

水玉ちゃんは、最終日の人手が足りないのを心配して、急きょ最終日も予定外のお手伝いに駆けつけてくれたんです。

 

お仕事が今大変な時で、きっと心も身体もクタクタだったはずなのに。

 

水玉ちゃんは、なんといってもムードメーカー。

 

声や雰囲気が可愛いだけでなく、性格も可愛いの(お写真でご紹介できないのが残念!)。

 

誰に対しても変わらず、いつ何時も変わらず、癒し系でいられるのって本当にすごい。

 

今回お手伝い頂いたことで、もっともっと水玉ちゃんが大好きになりました。

由佳さん

お客さまとしてきてくれた由佳さんも、最終日の午後、急きょお手伝いに入ってくれることになりました。

あきちゃん

個展が終わるちょっと前に、ギリギリ来てくれたカメラマンのあきちゃんも、後片付けを手伝ってくれました。

それから、素敵なお写真も沢山撮ってくれました。

ギャラリーオーナーの由紀子さん

そしてオーナーの由紀子さん。

 

私にとっては初めての個展ということで、きっと個展の暗黙のルールもわからず、失礼を沢山してしまったかと思いますが、いつも笑顔で心強いパートナーとして、個展を盛り上げてくださいました。

 

お庭のある古民家ギャラリー アートデアートビューの魅力を、皆さん絶賛されていましたよ! (なぜだかTammyが鼻高々)

写真も沢山撮って頂きました。

「私は本当に人に恵まれているなぁ」としみじみと思いました。

 

他にも個展の様子を何回かに分けて、色々書こうかなと思っていたけれど、どうしたことか、もう胸がいっぱいで書けないのです。

 

そんな訳で今回は珍しく(?) 写真だけで終わります。

 

後は見て頂いた方がそれぞれ 思い思いに今回の個展のことを 感じて頂けたら・・・。

>>個展写真の閲覧はこちらから(※画像の二次使用(ダウンロード等)はご遠慮ください)

 

ご提供頂いたお写真については 香さんあんちゃんあきちゃんよりお借りしました。

 

ザ・3人のお写真のいいとこどり(笑)

 

お友達特典ということで、大目に見てくださいました。

 

そんな訳で、私が撮った写真じゃないので、今回は他ではお写真は使わないでくださいね。

ありがとうございました!

沢山の方が私の個展のことをお友達にご紹介してくださり、そこからまたご縁がどんどん広がっています。

 

「良いもの見せてもらいました」

そう一言お礼を述べて、満面の笑みで幸せそうに帰っていかれたおばあちゃん。

 

いくつぐらいだったかなぁ。

 

かなりお年を召されていたけれど 「神戸新聞を見て楽しみに来たんだよ!」って新聞を見せてくれました。

 

あぁ、頑張って個展をして良かったって心から思いました。

 

他にも横浜や千葉、福井からも、大切な大切なお友達のみんなが、個展のために駆けつけてくれました。

 

本当に沢山のうれしいメッセージやSNSやブログでも、ご紹介・ご感想を頂き、本当に本当にありがとうございます。

 

まずは取り急ぎ、開催報告とお礼まで!

 

このたびの個展にかかわってくださったすべての方に、心よりお礼申し上げます。

 

本当に本当にありがとうございました。

 

以上、個展レポでした。

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。


Casa de Paraguasの日傘は、

 <「リメイク」というひと手間の魔法で、想いをカタチに>

 という理念の下、託してくださった方に寄り添い、作り手の顔が見えることを大切にしながら、1本1本時間をかけて手作りしています。

 

お客さまにとって、「世界に1つの宝物」のような、「愛おしい子ども」のような存在になることを願っています。

 

こんなもので日傘って作れるのかな?」

「こういう日傘があったらいいな」

 

お客さまが作ってほしい日傘のイメージに、できる限りやわらか頭で対応します。日傘のこと、お気軽にご相談くださいね。 

 

>>当店の日傘のオーダーメイド詳細のご案内はこちらから

 

>>お問い合わせはこちらから