【夢結び】イベント開催のきっかけは、1杯のお茶からの出逢いでした♡

(2017年のアトリエ日記からの修正加筆版です)

CASAリメイク作家のTammyです。

 

2018年2月24日に、五感で楽しむイベント「夢結び」を共同開催しました。

 

今回は「夢結び」イベント開催のきっかけについて書きます。

根っこは「発信」「熱」「好奇心」です。

2018年2月に「夢結び」というイベントを共同主催することになりました!

 

私の中では、今までで1番大きいチャレンジになります。

 

何をもって「大きい」というのか、なかなか難しいところではあるけれど。

 

開業してからのこの約4年半。

 

まさに「ひとり情熱大陸」という架空の番組に出演するかのごとく、あまりに色々とびっくりすることが、自分の身に起きるので(汗)

 

それらの出来事はすべて、別々の出来事のように思えて、実は見えない糸でつながっているような気がしてならないのです。

 

根っこは「発信」「熱」「好奇心」

 

「熱」は時に人を巻き込みます。

 

私の場合、基本は静かなのに、その「静」の中に熱い「動」を 感じると時々言われます。

 

行動の原動力は、「好き」に対する「熱量」なのかもしれません。

 

さて、「夢結び」というイベントは、私を含め5名の主催者(下の写真)と4名の出店者、そして数名の協力スタッフで開催運営します。

 

左から岡本衣里さん、八尾ちなみさん、西山絵美さん、羽藤千恵さん、そして私Tammyこと柴田民緒です。

5人の出会い

主催5名が揃って出会ったのは、約1年前の2016年12月1日。

 

この日のことは本当に思い出深く、濃く温かな記憶として、私の心の中に刻まれています。

リニューアルオープンした千恵さんのお茶サロンc-roomのプレお茶会に参加したんです。

 

その時に集まったのが5人でした。

 

お1人少し早くお帰りになった後、なぜだか私の個展の話になったんです。

2017年の6月に開催した個展は、それこそ何もかもが人生初。

 

個展の半年前のその時点で、既に不安と期待で心が押しつぶされそうになっていたんです。

 

一体何をどう準備していけばいいのか。

 

作品も納得のいく仕上がりになるだろうか。

 

というか、本当に人が来てくれるかな。

 

そんなことをポロリと話したら、私の個展について色んな素敵なアイデアを。そのお茶会でみんなが出してくれたんです。

 

「暑い中来てくださるゲストの方々に、Tammyさんのイメージのウェルカムティーをお出ししたらどうかしら?」

 

このアイデアは皆さんの心強いサポートのおかげで、形にすることができました。

 

千恵さんとはイメージティーについて何度も打ち合わせを重ね、プレ試飲会までしたんですよ!

個展をきっかけに、夢の第2章が始まりました。

 

ふたを開ければ、不安だらけだった個展にも、おかげさまで2日間で300名を超える沢山の方々に足をお運び頂き、人生初の個展は涙と笑いと感動の 思い出深い出来事となりました。

 

搬入から個展をずっと手伝ってくれた友人のほとんどが、今回の「夢結び」にまた携わってくれています。

October 27 2017
October 27 2017

夢結び発起人は、声楽家であり司会者でもある八尾ちなみさん。

 

「こんなイベントやりましょうよ!」

ちなみさんのその鶴の一声が、私たちの背中を押してくれました。

 

ちなみさんは、私たちが「総監督」と慕ってやまない女性です。

 

本当のリーダーシップが取れて、かつ個人的にも多才で魅力的な素晴らしい方です。

 

話すとエンドレスなので、また改めてちなみさんを始めとする夢結びに関係する皆さんを、お1人ずつご紹介していきますね。

 

どの方も多才でとても魅力的なので、ぜひ会って頂きたいです。

 

当日のスケジュールは、ゆったりとイベントを楽しんでもらえるように、時間にある程度余裕を持たせています。

 

夢結びメンバーとお話をしたり、写真を撮ったりもできますよ!

 

屋上カフェでは、出店者の販売するパンやスイーツをご飲食して頂けるスペースも設けます。

「夢結び」にはこんな意味があります。

「夢結び」のコンセプトは、 「『夢』をキーワードにワクワクする ような大人のお遊び会をやってみよう!」

 

歌あり、トークあり、お茶レッスンあり。

 

そして、様々な依頼が次から次へ舞い込む赤丸急上昇の書家と ハンドメイド作家の作品展。

 

あ、私も少しだけ着物日傘を展示します。

 

1度で2度美味しいどころか、1日で贅沢に色んな五感体験をして頂けますよ。

 

イベント名の「夢結び」は、「夢を叶える」という意味の他に「人と人を結ぶ」という意味も込めました。

 

ひとりでも、みんなでも、思い思いに楽しんで頂けるように、主催者一同心を込めておもてなしをさせていただきます。

 

色んな夢が飛び出す特別なひとときを、私たちと一緒に楽しみましょう☆

 

>>詳細は「夢結び」ホームページをご覧くださいね!

以上、夢結びイベントレポでした。

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。


Casa de Paraguasの日傘は、

 <「リメイク」というひと手間の魔法で、想いをカタチに>

 という理念の下、託してくださった方に寄り添い、作り手の顔が見えることを大切にしながら、1本1本時間をかけて手作りしています。

 

お客さまにとって、「世界に1つの宝物」のような、「愛おしい子ども」のような存在になることを願っています。

 

こんなもので日傘って作れるのかな?」

「こういう日傘があったらいいな」

 

お客さまが作ってほしい日傘のイメージに、できる限りやわらか頭で対応します。日傘のこと、お気軽にご相談くださいね。 

 

>>当店の日傘のオーダーメイド詳細のご案内はこちらから

 

>>お問い合わせはこちらから