· 

【レシピ全公開】Tammy流雨傘リメイク2wayカバー

CASAリメイク作家のTammyです。

 

雨傘リメイクの2way自転車かごカバー、作り方をここで全公開します。

 

雨傘1本分のカバーでできる簡単エコリメイクです。

 

ゴムの長さを調整すれば、自転車のかごカバー以外にも、雨の日のバッグ・リュックカバーにもなります。

 

使わなくなった雨傘があれば、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

 

 

 

 

今回はこの骨が折れ曲がってしまった雨傘をリメイクします。

用意するもの

  • 雨傘1本 (骨折れOK、汚れも気にならなければOK、破れは補修すればOK、折り畳み傘は少し小さいのであまりオススメしません、ビニール傘も加工に適さないので不可)
  • 布切りはさみ
  • 糸切りはさみ
  • ミシン糸(普通地用60番推奨)
  • ミシン(最低限、直線縫いができればOK)
  • ソフトゴム(パジャマやルームウェア、肌着に入れるようなゴムでOK)
  • 紐通し
  • 軍手(解体時に使用)
  • 手芸用ミニクリップ(あれば)

傘パーツの名称(主要部分のみ)

(※これは日傘づくりのオリジナルハンドブック用資料ですが、ご参考まで)

完成までの簡単な流れ(所要時間3時間~)

  1. 傘の解体(傘生地のみ取り出す)
  2. 生地の洗浄
  3. 生地の乾燥
  4. 縫製
  5. ゴム通し

作り方手順

① 露先を手で手前に引っ張って取り外す

② 親骨からカバーをつないでいる糸を切り離す

③ カバーの先端中央部分を布切りハサミで切り取る

④ カバー端に縫われた露先部分を切り離す

⑤ 切り離したすべての糸くずを取り除く

⑥ 親骨の接合部分についている小さな楕円形の当て布を取り除く

⑦ カバーを水洗いする

⑧ 洗ったカバーは軽く水分を拭き取ってから日陰干し

⑨ カバーの先端中央部分を先から2センチほど補強縫い(直線縫いで1往復~)

(※これをしておかないと、先から縫い目が外れてくることがあります。)

⑩ カバーの先端部分を絞って縫いとめる(手縫いでぐし縫いして絞ってもOK) 

⑪ カバーの先端部分を短めに長さを切り揃える

⑫ ⑥で取っておいた当て布で⑩の縫いとめた部分を隠すように1周ぐるりと縫う

(※シンプルに作りたい場合、内側から縫い目が見えても構わない場合は、この工程はしなくてもいい) 

⑬ カバーの表側はそのままでもいいが、モチーフなどを縫いつけて縫い目を隠しても良い

(※シンプルに作りたい場合、外側から⑫の縫い目が見えても構わない場合は、この工程はしなくてもいい)

⑭ カバーの底の部分を幅3センチ程度で1回折って、カバーの縁をぐるり1周縫う。この時、ミニクリップで留めておくと縫いやすい。まち針は穴が開いてしまうのでNG 

⑮ ⑭で最後にゴム入れ口に1センチ程度だけ縫わない部分を作っておく 

⑯ 紐通しでゴムを通して完成

ゴムの長さの目安は、生地の円周=ゴムの長さ×3倍程度 (※カバーを使用する自転車かごの大きさやゴムの伸び具合にもよる。ゴムは少し長めに切っておいてから、通した後に微調整した方がいい)

注意点・オススメ情報など

  • 解体して不要になった骨や露先は、お住まいの市区町村指定の方法で正しく廃棄してください。
  • 骨の尖った部分で怪我をしないように、解体は軍手着用をオススメします。
  • 撥水機能が落ちてきたら、撥水スプレーを吹きかけてください。
  • 水洗いもできますが、濡れたらよく乾かしてください。
  • 外に放置しておくと、劣化して破れやすくなります。
  • ネームバンドは、自転車かごの金具部分やバッグの持ち手に留めて頂くと、カバーが外れにくくなります。

使用イメージ

自転車の前かごや後ろかごに、上からスポッと被せます。

雨の日のお出かけには、 大切なバッグやリュックにそのまま被せて 雨避けにもなります。

ランドセルカバーにもなるかな。

 

例えばこういうリュックや手提げバッグ

こうなります。

大きさが足りずすっぽり入らない場合は、雨がかかる表面だけ被せてもOK。

雨傘素材は軽くて畳めるので、コンパクトにしてバッグに常備しておくという手も。

ハガキサイズまで小さくなりました!

雨傘リメイクの自転車かごカバーは、「これが正解!」という作り方はありません。

 

あくまでご参考まで。

 

作りながら、自分なりのアレンジを加えられるのも、手作りの醍醐味です。

 

ぜひあなたオリジナルの素敵なカバーを作ってみてくださいね。

 

作ってみてここがよくわからない等何かご質問がありましたら、いつでも傘魔女Tammyにお問い合わせどうぞ。

>>お問い合わせはこちらから

 

すぐにお返事できないかもしれませんが、通常は3日以内にお返事させて頂きます。

 

 

 

 

以上、傘リメイクのFAQでした。

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。


Casa de Paraguasの日傘は、

 <「リメイク」というひと手間の魔法で、想いをカタチに>

 という理念の下、託してくださった方に寄り添い、作り手の顔が見えることを大切にしながら、1本1本時間をかけて手作りしています。

 

お客さまにとって、「世界に1つの宝物」のような、「愛おしい子ども」のような存在になることを願っています。

 

 「こんなもので日傘って作れるのかな?」

「こういう日傘があったらいいな」

 

お客さまが作ってほしい日傘のイメージに、できる限りやわらか頭で対応します。日傘のこと、お気軽にご相談くださいね。 

 

>>当店の日傘のオーダーメイド詳細のご案内はこちらから

 

>>お問い合わせはこちらから