· 

「申し訳ないから」という呪縛から1歩踏み出してみる。

CASAリメイク作家のTammyです。

 

ある方から「引っ越しで整理していたら出てきたんだけど、うちでは要らなくなったから使って」と、何年か前にティーポットを1つ頂きました。

正直あまり趣味ではなかったけれど、そのまま無下に突っ返すこともできず、かと言ってこっそり捨てることもできず。

1人や家族でティーブレイクする時などに、時々使っていました。

そんなある日、何となく考え事をしながら、よそ見をしていたのか、食器洗いの際に、そのティーポットを「コツン!」と水道の蛇口に当ててしまったのです。

軽く当てただけだったので、最初はあまりに気にしていなかったものの、よく見ると、ポットの注ぎ口がポキッと真っ二つに割れてしまっていて。

「あ、やっちゃった…」

でも、その光景を見ても、まったく悲しくはなくて、むしろ、何かの呪縛から解き放たれたような感覚がしたのです。

なんでそう思ったんだろうなぁ。

その時、ふと気づいたこと、少し書いてみようと思います。

なぜ、それを買うのですか?

あなたは何か物を買う時、何を理由に物を買いますか。

物にもよるけれど、私の場合、ひとめぼれして衝動買いをしたり、急を要する生活必需品以外は、かなり吟味して買うことが多いです。

物1つ1つに、「これはうちの雰囲気に合うか?」とか「本当にこれ必要なの?」とか「値段に見合う価値があるのか?」そうやってイチイチ判定を下します。

 

その感覚は、物を<モノとして単純に買う>という行為というよりは、物を<1つの人格として迎え入れる>という儀式に近いかもしれません。

 

あぁ、我ながら面倒くさい人ね(笑)

 

もちろんみんながみんなそうだとは思わないし、「そんなことやってる暇はないわよ!」とおっしゃるかもしれません。

でも、気持ちが伴わずに何となくで買ったものって、やっぱりそれなりの存在にしかならないんですよね。

そのうち存在自体を忘れてしまったりして(※あくまで私の場合です)。

結局、私の物との向き合い方は、究極「そこに愛はあるのか?」という話なんだと思う。

もらいものは難しい。

さて、自分で買うものに関しては前述のとおり、とりあえず自分の気持ち次第で何とかなる。

問題は、もらいもの(プレゼントやお土産も含む)ですね。

贈り主は、もちろん喜んでもらいたくて贈ると思いますが、もらった側にとっては、必ずしももらってうれしいものばかりではないのが、悩みの種です。

だから、私はあまり人にものをあげるということ自体をしないのですが(お相手に気を遣わせたくなくて)、あげたいなと思った時は、最近は消え物か、お相手の負担になりにくいものにしています。

 

昔はただ自分が「あげたい!」っていう気持ちだけで、手作りの物とか、「もらってどうするの?」って突っ込みたくなるようなものをあげて、きっとお相手を困惑させることもあったかと思いますが(苦笑)

 

逆に、自分が好みではないものをもらった時の話。

昔は一旦は喜んで頂いていたのです。

お相手の気持ちを無下にしたくなくて。

特に困るのは、陶器類や絵画など、趣味があるものですね…

その1つが、今回のティーポットだったんです。

だから、正直割れてしまってホッとしてしまったのかも。

そのまま捨てるなんて、お相手に申し訳ないと思う気持ちと、物そのものに申し訳ないと思う気持ち。

ダブルで申し訳ないの呪縛に囚われていたのかな。

まだ使えるのに、せっかく頂いたのに、捨てたら環境にも悪いし。

手放せない理由がたくさんあって、それをできないまま、使うたびにモヤッとしていたんです。

 

でもこれって、よくよく考えると、結局は頂いた方にも、その物にも申し訳ないことをしていたのかもしれない。

 

気持ちよく使えないなら、感謝をしてから早々に手放せば良かったのかも。

目には見えませんが、使う私に愛がないから、きっと美味しいはずのお茶も、美味しく淹れられなかった気がするのです。

「好き」を大切にするということ

さて、今朝のお茶は、ホットのハニーブッシュティーにお気に入りのはちみつを入れて。

ポットは、シンプルな耐熱ガラスの「HARIO」のものです。

 

気持ちの整理がついたからか、とっても美味しく感じます。

 

やっぱり身の回りに置くものや、いつも使うもの、いつも目に触れるものは、お気に入りの愛着のあるものがいいなぁ。

 

そう改めて思いました。


もう譲り物は、安易にもらわないぞ!(笑)

お気持ちだけ受け取りつつ、うまくお断りするようにします!

 

ここ1ヶ月ほどで、大切な決め事がいくつもあって。

昨日ようやく、そのうちの1つが決められました☆

とてもとても考えて、考え抜いて、どんどん深みにはまって。

考えても、結局答えが出なくて。

 

で、ふと、ふわっと心のブレーキを緩めたら、自分にOKが出せました。


これでまた1つ前に進めます☆

もしかすると、あのティーポットさんが「もう十分私のお役目は果たせたよ。だから、あなたももう「ねばならない」の理想の自分に囚われなくていいんだよ」って言ってくれたのかもしれない。

前にどうしようか悩んでいる時に、あるお友達が言ってくれました。

 

「どっちを選ぶ自分が好き?」

今まで、そんな基準で物事を決めたことはなかったので、彼女の言葉は私にとって新鮮な気づきでした。

 

だから、今回は、いつもの小難しい考えすぎる自分をちょっと置いておいて、シンプルに「好き♡」を基準に、好きな未来が見える自分を選びました。

その決心については、また詳細が決まったらお知らせしますね♪

以上、ちょっと小話でした。

 

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。


Casa de Paraguasの日傘は、

 <「リメイク」というひと手間の魔法で、想いをカタチに>

 という理念の下、託してくださった方に寄り添い、作り手の顔が見えることを大切にしながら、1本1本時間をかけて手作りしています。

 

お客さまにとって、「世界に1つの宝物」のような、「愛おしい子ども」のような存在になることを願っています。

 

「こんなもので日傘って作れるのかな?」

「こういう日傘があったらいいな」

 

お客さまが作ってほしい日傘のイメージに、できる限りやわらか頭で対応します。日傘のこと、お気軽にご相談くださいね。 

 

>>当店の日傘のオーダーメイド詳細のご案内はこちらから

 

>>お問い合わせはこちらから