· 

ウェディングドレスのリメイク日傘、ご感想の紹介です!

CASAリメイク作家のTammyです。

 

今回の日傘は、去年末の完成して納品したオーダー品になります。

 

ちょっと、いやかなり時間差はありますが、オーダー頂いた日傘のお客さまからご感想を頂きましたので、ここでご紹介します。

初めてのウェディングドレスからのリメイクで、とても難しかっただけに、お喜びの声に感激しました。

このオーダーのご感想については、暖かい春になったらゆっくりとご紹介しようと決めていました(何となく私の中で!)。

なので、やっとご紹介できるベストシーズンになりました!

 

>>このお話は初めての方へ、完成レポはこちらでご覧いただけます。

ご感想です(一部抜粋)。

Casa de Paraguas 柴田さま

こんばんは^^ 本日、無事に日傘が届き受け取りました。

ご丁寧な梱包とお手紙をありがとうございました。

開封してみて…あまりの素敵さにびっくり!!!!

想像以上の丁寧さと豪華さで本当に本当に感動しました。

ドレスが日傘になり、新しい形になりつつもドレスの思い出がそのままに残ったように感じました。

お気に入りだった刺繍やフリルをこんなにも残していただけたことが嬉しくて思わず涙ぐんでしまいました。

思い出のドレスをどうやって保管するかずいぶん悩みましたが、柴田さまにお願いして本当に良かったです。

ボタンもとても可愛いものを付けていただきありがとうございました!

今日ブログを拝見しましたが、とても大変だったのですね💦

こんなに丁寧にお作りいただき感謝の気持ちでいっぱいです。

お手紙にあったように、実際に使うことよりも思い出として残しておきたい…いう気持ちだったので、それを汲んでいただけたのも嬉しかったです^^

保管袋の件も、お気遣いいただきありがとうございました。

まずは到着のご報告とお礼まで。

本当に本当にありがとうございました^^

一生に一度の思い出のドレスを日傘にするということ

こちらが元々のドレスです。

 

本当に素敵なウェディングドレスで、実はハサミを入れるのもためらわれ、なかなか裁断に進めなかったのです。

 

初めてハサミを入れたのは、ある秋の晴れた日の朝のことでした。

もちろんどのオーダーでも、それぞれ心を込めてじっくりとお作りしてはいるのです。

 

が、<ウェディングドレスをリメイクする>というご依頼は、私の人生初のこと。

 

出来上がるまでは本当にうまくいくかどうか、ずっとドキドキだったのです。

 

それに今回は、私にとっての人生初であり、それと同時に、お客さまにとっては一生に1度の思い出のお品を託されてのリメイクです。

うまくいく自信があるからご依頼をお受けしたものの、本当にお客さまに喜んで頂ける日傘が自分の手で生み出せるのかは、私が決めることではなく、あくまでもお客さまが感じること。

 

だから、ご感想を頂くまではドキドキが止まらなかった…

だからこそ喜んで頂けて、本当に安心しました♡

これからもきっとあの日傘は、お客さまの大切な思い出に寄り添って輝き続けると思います。

最後に、完成ブログを読んでくださった皆さんのご感想も一部ご紹介です。

「実はこんなご依頼を受けました!」というお話をした時から、たくさんの方が見守ってくださっていたようです。

 

ワクワクとドキドキを皆さんとシェアできたこと、私もとてもうれしくて!

以下は去年末に書いた完成お披露目ブログを読んでくれた私の友人たちからのコメントの一部です。

それをご紹介させて頂いて、今日のブログは終わりますね。

ホント、ステキな日傘に変身したネ♪♪ 可憐で優雅です💕 ちなみに、我が家にも私のウエディングドレスがありますー💖

感動しました!
どんな風に仕上がるんだろう??とワクワクした気持ちだったので、blogを読み進めるうちに、うわぁ♡うわぁ♡とテンションあがりました!
ご依頼されたクライアントさまも、きっと喜ばれますね!
ほんとに、素敵!!!

すごくロマンチックな日傘😍この日傘さしていたら仕草まで美しくなりそう♡ 壮大な妄想ぜひついて行かせてください番長😆❣️笑

素敵素敵!!!!とうとう出来たんですね⁈✨
このご依頼のストーリーを読んだ時から、これにハサミを入れるのは覚悟がいるから大変だ〜〜と、他人事ながらに私までドキドキしていました。
良い日にハサミを入れることができたんですね✨傘の仕上がりの幸せな空気感で、そのことが伝わってきます✨
何はともあれ、大仕事、本当にお疲れ様でした!✨

おつかれさま。ほんとウエディングドレスは大きくて場所とるよね。ステキな想い出の日傘になりましたね。私も気になってたので、見せてもらえて良かったわ!😊

素敵✨✨✨✨
ショ一ケ一スに入れて飾っておきたいです。 もったいなくて使えないです。

素晴らしい日傘にタミーさんの想いがギューっと詰まってますね😍⤴️⤴️
フリルもレースのカッティングもとっても素敵です✨
思い出のドレスがこんな風に残せるってリメイクって本当に素晴らしいですね😍✨✨

言葉にならないくらい素敵です。なんだか言葉のボキャブラリーが少なくて、どう表現して良いか……。
お写真を拝見した時は、息が出来ないくらい、感動していました✨
本当に素敵✨✨✨

民緒さん、短遍小説を読ませていただいた感じで感動しました❣️
ウエディングドレスを全く違う日傘に生まれ変わらせるご苦労が伝わってきて、どれだけ大変な作業だったのか想像を絶します。
ご依頼者様が見た時のお顔を想像すると、幸せな気持ちになりますね💕
素敵なブログをありがとうございました😊

ずっと気になっていたウェディングドレスの日傘、想像していたよりずっと素敵で感動しました!!
うまく言えないけど、もとのドレスと全然形は違うのに、雰囲気やイメージはそのまんま✨
日傘を見る度に思い出がよみがえって、依頼主さんきっと幸せだろうなぁと思います💖

作品を作るということは、自分そのものを表現することと同じ。

 

私はそう思います。

 

自分のこの手で「無」から新たな命を生み出す喜び。

さらに、リメイクの場合は、そこに託してくださった方や元々の持ち主の想いまで宿っています。

 

リメイクで、その想いを、形を変えてまたさらに継いでいくという大切な役目を担うという意味で、ただ作る以上に格別の喜びがあります。

これからも私は私にしかできない「愛」を作品に込めて、世界に向けて伝えていきますね♡

 

Kさま、このたびは素敵のご依頼を頂き、重ねてお礼申し上げます。

以上、お客さまの声のご紹介でした。

 

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。


Casa de Paraguasの日傘は、

<「リメイク」というひと手間の魔法で、想いをカタチに>

という理念の下、託してくださった方に寄り添い、作り手の顔が見えることを大切にしながら、1本1本時間をかけて手作りしています。

 

お客さまにとって、「世界に1つの宝物」のような、「愛おしい子ども」のような存在になることを願っています。

 

「こんなもので日傘って作れるのかな?」

「こういう日傘があったらいいな」

 

お客さまが作ってほしい日傘のイメージに、できる限りやわらか頭で対応します。日傘のこと、お気軽にご相談くださいね。

 

なお、今オーダー頂きますと、仕上がりは最短で5月末を予定しています。

 

今年の夏のマイ日傘デビューをご検討いただいている場合は、気持ち早めにご相談いただけるとご希望を叶えやすくなります。

 

>>当店の日傘のオーダーメイド詳細のご案内はこちらから

 

>>お問い合わせはこちらから