· 

秋のマイ4チャレンジ、進捗状況のご報告♪

オフ日にマリメッコ展に行き、アイデアのヒントをたくさんインプットしてきました♪
オフ日にマリメッコ展に行き、アイデアのヒントをたくさんインプットしてきました♪

CASAリメイク作家のTammyです。

 

今日は先日チラッとこちらのブログの最後の方でお話した、私のこの秋のチャレンジ4つのこと。


少しずつですが、どれも何とか前に進んできています。

 

その進捗状況をこれから1つずつご報告していきますね!

1つ目のチャレンジ:フィンランド人デザイナーのElinaと私のコラボ企画

 

私が選んだヴィンテージ着物(解いたもの)を3種類、フィンランド人デザイナーのElina Wättöちゃんに送りました。

それをElinaがレザーやデコパーツなどを使ってデコレーション。

アイデアが固まったとのこと。

これからプロトタイプ(原型)を作ってくれます♪

そして、最終的には2人のオリジナルコラボの和洋折衷雑貨を作ります!

イメージとしては、お出かけに使える小さめバッグ。

まだお見せできないけれど、先日Elinaが送ってきてくれたアイデアがとっても素敵で、私もワクワクしているの。

その進捗状況は、Elinaのインスタグラムでも時々アップしてくれているので、良かったらのぞいてみてね♪

@official_eewedesign

 

テーマは「Cute and tea time  ~可愛いティータイム~」

 

日本とフィンランド、 国は違っても、 互いの
「夢をカタチに、 広い世界に夢いっぱいの作品を発信していきたい」

という想いは同じ。

 

いわゆる「日本らしさ」や「フィンランドらしさ」に囚われない
型破りな2人が織りなす、新しい「レトロモダン」

和と北欧のkawaiiコラボ です☆

 

 

 

 

ご参考までに、、、
これらは、Elinaのオリジナルブランド「EeWeDesign」のレザーバッグのご紹介動画です。

今回のコラボ企画とはまた違うけど、Elinaの作品の世界観がよく伝わってきます。

1本目は、Elinaの愛猫ちゃんが可愛くて、なかなかの存在感♡

2本目は、着物生地にレザーをデコレーションした異素材ミックスバッグですね。

2つ目のチャレンジ:ある特別イベントの撮影小物として着物日傘を起用して頂きます。

 

こちらは、実は一昨日もう撮影会があったそうなのです。

日傘を作り始めてまだ初期の頃の作品であるこの着物日傘、とても気に入ってくださった方からのお声かけ。

あるお友達がご縁を繋いでくれました。

それぞれのテーマに合わせて、一般公募で選ばれた方の着物姿のお写真をプロのフォトグラファーさんが撮影されるという面白い企画。

その撮影小物の一部として、着物日傘を起用したいというお話を頂いたのです。

メインテーマは「レトロビューティ」

とっても素敵なテーマでしょ!

着物日傘をこちらから3本お送りして、その中から選んだ着物に1番合う1本だけを本採用していただきました。

「この着物と帯に合わせて、〇〇(着物日傘)を使います!」と先日ご報告があったのね。

「もしかしてこの子かも!?」と思っていた子がやっぱり選ばれていました♡

撮影の様子は見に行けなかったけれど、仕上がりがとても楽しみです!

情報公開OKになりましたら、こちらでもご報告しますね!

3つ目のチャレンジ:10月の母の作品展~「和」結びの器展~開催日時が決定です!

 

こちらも無事に日程が決まり、別のページで詳細をお知らせさせて頂いています。

 

私も目下、作品展でお披露目する新作を鋭意制作中です☆

今取り掛かっているのは、こちら。

 

花嫁さんの色鮮やかな婚礼衣装をリメイクで着物日傘にします。

赤、だいだい、青、緑、紫、金とどれもはっきりと濃い鮮やかな色。

それらの主役級の色たちをどう融合し、魅せる日傘に仕上げるか。

正直本当に難しい、、、、、、

金糸の刺繍もアクセントに使いたくて。

でも刺繍している部分は硬いので、本来は日傘の素材にはあまり向いていません。

でも使いたいので、なんとか使えるように考え中。

 

初めてこの着物を見たとき、どうしてもそのまま見過ごすことができなかったのです。

今回の作品展のテーマ「結び」

「結び」は色んな意味や使われ方がありますが、「結婚」もまた「結び」ですよね。

 

2人が出会い、繋がり、また家族という命を育んでいく。

私の事業理念でもあるリメイクに込めた想いにも、通じる部分があります。

古いもの、使われなくなってしまったものとの出会い。

 

私の中でそのものとの出会いを受け入れ、リメイクというひと手間をかけることで、またそのものに新たな命を吹き込む。

 

そして、そのものは、また新たな価値をもったものとして生まれ変わる。

想いを紡ぎ、パワーを込め、手にした方にまた新しい幸せをお届けしたい。

 

それが私の作家としての理念です。


だから、今回出会った着物は、挑戦しがいのある着物だと思ったのです。

実はただ単に柄を合わせるだけではなく、あるサプライズを入れようかと目論見中。

<日傘ってこういうもの>という常識にとらわれない自由な自分の感性を、作品に思いっきりぶつけてみる!

作品展では全部で4本の日傘を展示予定ですが、そのうち2本は新作で、今作っているものがその1本。

だから、もしも可能であれば、ぜひあなたにも作品展に見に来て頂きたいのです。

そして作品を見て感じたことを、ぜひ私に聞かせてほしいのです!





芸術の秋、紅葉シーズンの古都奈良に足を伸ばし、陶胎や着物日傘をアート作品として目で見て楽しんだり、会場にいる私や母と一緒におしゃべりも楽しんで頂けるとうれしいです。

 

ご興味を持っていただいた方にはDMとならまちお散歩MAPを郵送させて頂きますので、遠慮なくお知らせくださいね♪

 

4つ目のチャレンジ:「オープンアトリエかさのいえ」がスタート!

 

こちらは、先日第1回を終えました。
>>その時のレポはこちらから


ただいま第2回のご参加お申込を受付中!

 

次回のオープンアトリエは、10月9日(水)午前9時半オープン、12時クローズで開催します。

次回は、大きく分けてこの2つのテーマについてお話してみようと思います。

 

(1)リメイク作家のお仕事、実はこんなふうにしています。

(2)私らしく輝ける複業(多足のわらじ)のススメ

 

お申込みはあと数名受け付けていますので、タイミングが合いそうなら、ぜひぜひお越しくださいね♪ 

そんなこんなで、モリモリ盛り沢山なこの秋。

自分自身も楽しみながら、皆さんと色んな体験をしていきたいと思います☆

作品展では、お着物でお出迎えできたらいいなぁなんて妄想もしております(^^)♪

 

今までお目にかかったことがない方でも、ぜひお気軽におしゃべりしに来てくださいね!


ご紹介の4つのチャレンジは、また何か新しい動きがあれば、随時こちらでご報告します☆

以上、ちょこっと進捗状況ご報告でした!


ここまでお読み頂き、ありがとうございました。


Casa de Paraguasの日傘は、

<「リメイク」というひと手間の魔法で、想いをカタチに>

という理念の下、託してくださった方に寄り添い、作り手の顔が見えることを大切にしながら、1本1本時間をかけて手作りしています。

 

お客さまにとって、「世界に1つの宝物」のような、「愛おしい子ども」のような存在になることを願っています。

 

「こんなもので日傘って作れるのかな?」

「こういう日傘があったらいいな」

 

お客さまが作ってほしい日傘のイメージに、できる限りやわらか頭で対応します。日傘のこと、お気軽にご相談くださいね。

 

なお、今オーダー頂きますと、仕上がりは最短で12月末を予定しています。

>>当店の日傘のオーダーメイド詳細のご案内はこちらから

 

1Dayレッスンでしたら作った日傘をその日にお持ち帰り頂けます。

>>レッスンの詳細はこちらから
※ただし、10月の作品展準備のため、9月10月のレッスン開講はお休みさせて頂きます
(※11月以降のレッスンご予約は、今からでも可能です。)

なお、当店はオーダーメイドだけでなく、着物日傘の完成品やリメイク雑貨なども、少しだけですがオンラインショップにて販売しています。

 

完成品なので、もちろんすぐにお使い頂けます。

 

オンラインショップで販売している商品は、着物をリメイク制作した私のオリジナル作品のため、すべて世界にたった1つしかないものです。

 

そのため、完売しましたら、同じものの再販はありません。

 

お時間ありましたら、ぜひ1度Online shopもご覧くださいね!


同じテーマの記事