· 

【オーダーメイド日傘ご感想】ワクワクして何もかもが上の空でした。

CASAリメイク作家のTammyです。

 

ちょっとタイムラグはありますが、今日は先日オーダーメイドでお作りしたお客さまの日傘をご紹介します。

 

ちょうど今の秋の季節にマッチするえんじ色の紅葉柄が印象的な「和モダン」な日傘になりました。


オーダーを頂いたきっかけや制作のエピソードなどもお話していこうと思います。 


うれしいご感想とお写真もお送りいただきましたので、併せてご紹介しますね。 

秋色のシックで和モダンなオンリーワンの日傘ができました。

まずは完成した日傘のお写真から。

今回は3種類の生地を合わせています。

えんじ色の紅葉柄の生地は、お客さまが京都の老舗の呉服屋さんでお誂えになったレース生地の塵よけの余り布だそうです。

元々は白い生地だったのをえんじ色に染めたものだとか(粋ですね!)

レース1枚だと薄く、紫外線が透過してしまうので、レース生地には黒色のUVカット接着芯の貼付しました。

そして、アクセントに入れたグレーのペーズリー柄の生地は、元々はお母さまが気に入っておられた古い羽織を解いたものだそうです。

黒無地の生地は、柄合わせを考えた上で、こちらでご用意させて頂きました。

黒無地の生地は特に素材の風合いを意識し、上品な雰囲気を損なわないフォーマルウェアを仕立てるような上質の生地をお探ししました。

今回はまず、紅葉柄の生地を日傘に仕立てたいという1番のご希望がありました。

もちろん紅葉柄の生地だけでお作りしても素敵だったかと思いますが、あいにく残っていた生地が日傘を1本お作りするには足りなくて。

そのため、お客さまがお手持ちの生地を何種類か一緒にお送り頂き、その中から私が合うと思った生地をお選びし、全体の柄合わせのイメージをご説明して、こちらで生地を買い足すプランをご提案させて頂いた次第です。

お客さまより頂いたご感想です。

柴田さま

ありがとうございます。

待ち焦がれておりました日傘、然とお受け取り致しました。

実は発送のメールを頂いてから、と申しますより、 Instagramで見覚えのあるレース生地のミニミニトートバッグを拝見してからワクワクして何もかもが上の空でした。

ミニミニトートバッグ、まさかプレゼントとは思っておらず大喜び致しております。

そして何より何より日傘の可愛らしさ。

日頃ボヤいておりました例年にないこの残暑ですら、あら、私のため?などと喜ばしく思えるほど。

さ、この日傘を手にどこへ行こうかと目下主人と相談中です。

日傘が完成した暁には、レース生地のご縁を賜った京都のゑり善さんに見せびらかしに行こうと密かに企んでおりましたが、旅好きの主人が色々と何やら企んでいるようなので楽しみも倍増です。

柴田さまにお願いして本当に良かった。

今後も素敵な日傘をご紹介下さい。

Instagramの画像を拝見しているだけでも気持ちが華やぎます。

日傘の到着があまりに嬉しくて、まずは手元に届いた記念に1枚。

ミニミニトートバッグに何かを入れたくて、目についた足袋を入れてみました。

折りたたんだ指先が小動物の耳のようにピョコンッと出で可愛らしいのです。

つい長文、くだけたメールになってしまい申し訳ありません。

 

(中略)

機会があれば、日傘を誇らしげに持った私を柴田さまに是非見て頂きたく存じます。

本当にありがとうございました。

お問い合わせ内容について十分お話してから、正式にオーダー頂きました。


お客さまがご依頼頂いたきっかけは、実はインスタグラムで私のアカウントを見つけてくださったことでした。

 

そこからこのサイトにたどり着き、お問い合わせを頂いた次第です。

 

「誂えたレース生地の塵よけのあまり布を有効活用したいけれど、余った生地の長さで日傘は作れますか?」というお問い合わせ内容でした。

インスタグラムを見てお問い合わせ頂いたのは今回が初めてだったので、うれしびっくり。

インスタグラムもなかなか頻繁には投稿できていないのですが、見てくださっている方がいると励みになりますね!

残念ながら日傘を1本お作りするのには生地が足りなかったのですが、他の生地を合わせれば作ることができること、生地を送って頂いたらより明確なご提案が可能である旨をお伝えしました。

メールでの詳しいやり取りは、何往復かしました。

その上で正式オーダーを頂き、つい先日完成した日傘をお送りしました。

日傘をお作りした時に出た端切れを使って作ったミニミニトートバッグは、実はサプライズのプレゼントだったのですが、、、どうしても我慢できなくて、ちょこっとインスタグラムの方には先に投稿していたのです。
>>その投稿はこちらです(インスタグラムに飛びます)

それをまさかお客さまも見てくださっていたとは!

それじゃ全然サプライズにならないし、笑。

でもミニバッグの方も喜んでくださって良かったです♡

 

日傘を日中も手放せないシーズンは終わってしまったけれど、秋にピッタリな柄の日傘ですので、しばらくはインテリアにして飾って頂いてもいいかもしれませんね♪

日傘の本格活用は、また来年の初夏くらいでしょうか。

ご夫婦でのご旅行を計画中なのかなー。

仲睦まじいご夫婦であるご様子が、メールの文面からも伝わってきますね(*^^*)

またいつか日傘をさしたお客さまにお目にかかれる日を、私も楽しみにしています♪

このたびは素敵なご縁を頂き、どうもありがとうございました♡

以上、お客さまの声のご紹介でした。

 

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。


Casa de Paraguasの日傘は、

<「リメイク」というひと手間の魔法で、想いをカタチに>

という理念の下、託してくださった方に寄り添い、作り手の顔が見えることを大切にしながら、1本1本時間をかけて手作りしています。

 

お客さまにとって、「世界に1つの宝物」のような、「愛おしい子ども」のような存在になることを願っています。

 

「こんなもので日傘って作れるのかな?」

「こういう日傘があったらいいな」

 

お客さまが作ってほしい日傘のイメージに、できる限りやわらか頭で対応します。日傘のこと、お気軽にご相談くださいね。

 

なお、今オーダー頂きますと、仕上がりは最短で12月末を予定しています。

>>当店の日傘のオーダーメイド詳細のご案内はこちらから

 

1Dayレッスンでしたら作った日傘をその日にお持ち帰り頂けます。

>>レッスンの詳細はこちらから
※ただし、10月の作品展準備のため、9月10月のレッスン開講はお休みさせて頂きます
(※11月以降のレッスンご予約は、今からでも可能です。)

なお、当店はオーダーメイドだけでなく、着物日傘の完成品やリメイク雑貨なども、少しだけですがオンラインショップにて販売しています。

 

完成品なので、もちろんすぐにお使い頂けます。

 

オンラインショップで販売している商品は、着物をリメイク制作した私のオリジナル作品のため、すべて世界にたった1つしかないものです。

 

そのため、完売しましたら、同じものの再販はありません。

 

お時間ありましたら、ぜひ1度Online shopもご覧くださいね!


同じテーマの記事