「陶胎+着物日傘+写真=結び!?」コラボ作品展が奈良町でいよいよスタートしました☆

CASAリメイク作家のTammyです。

 

10月25日(金)よりいよいよ作品展がスタートしました!

作品展は10月30日(水)まで続きますが、今日月曜日は会場となる「ならまち格子の家」が休館日のためお休みでした。

明日からまた残り2日間、作品展は開催しますが、まずは中間報告です。

作品展開催に際し、お祝いのお花やお菓子など皆さまからの沢山のお心遣い、本当にありがとうございます!

また、「作品展に興味はあるけれど、どうしても都合がつけられない!」というご丁寧なメッセージも何名かの方からいただきました。

お気持ち、ありがとうございます♡

お越しになれない方も、これからお越し頂く方も、良ければぜひ続きの作品展中間レポートをご覧いただき、会場の雰囲気を少しでも感じていただけたらうれしいです♪

『上野町子作品展「和」結びの器』というコラボ作品展をしています。

まずは初めてこのブログを見て頂く方にもわかるように、サラッとですが今回の展覧会のおさらいです。

 

10月25日(金)から5日間、奈良市奈良町にある「ならまち格子の家」という場所で人生初、母と一緒に『「和」結びの器展』という作品展をしています。

今回展示する作品は、メインとなるのが、私の母である上野町子による陶胎漆器30数点。

陶胎、石胎、木胎など、様々な素材となる材料の上に漆を塗る技法を用いて作品を創作しています。

母の作品の特徴は、

母が元々油絵専攻だったことから、絵画的要素や彫刻など、様々なジャンルを独自にミックスさせたオリジナル性のあるユニークな作品が多いこと。


それに、北室静規さんが撮られた東吉野の自然の写真が5点、壁面展示です。

しだれ桜、山あじさい、蜘蛛の巣など北室さんの自然のお写真はどれもとても美しく、心が癒されます。

そして、私柴田民緒からは会場に華やぎを添えられたらと着物日傘4点 で展示協力をしました。

「陶胎」+「着物日傘」+「写真」= 結び!?

全然違う畑の3人が織りなす不思議なコラボ作品展、きっと今まで見たこともないような世界観の融合を楽しんでいただけるかと思います。


前半3日間の様子、ダイジェスト紹介!

(お写真は一部、お越し頂いた皆さんからお借りしました)


1日目(10/25)は、母のみの在廊だったので、様子は母から聞いた限りにはなりますが、あいにくの天気&平日にもかかわらず、母の友人知人が沢山足をお運びくださった模様です。

2日目(10/26)3日目(10/27)は、私も会場にて終日在廊し、皆さまをお迎えしました。


ここに掲載する写真はほんの一部ですが、会場の雰囲気は伝わるかな?

 

慣れない着物に、ちょっと最初は緊張して慣れない笑顔でのお出迎え。

でも、数名お迎えしたら、リラックスしてきたのか、あとはずっと楽しく、幸せな時間が続きました。


着物は着物でも、今回は1日目と2日目で雰囲気の全然違う着物をチョイスしてみました。

1日目は奈良町にあるレンタル着物屋さんで、朝から着付けとヘアセットをしてもらったんです。

とっても素敵なお店&店主さんだったので、また作品展が終了したら改めてご紹介させてもらおうかと思っています。

 

 



土日は2日間共朝1番は比較的ゆっくりスタートでしたが、その後は終日沢山の方が私たちの作品展のためにわざわざお越しくださいました。

近畿圏以外にも、遠く千葉、岐阜からも!母や私の友人知人がご家族やお友達を連れてきてくださったり、私のお客さまも数名いらしてくださいました(感激!)。

それから、これはお越しいただいた方に聞いて初めて知ったんですが、どうやら作品展スタートの前日の10月24日(木)の奈良新聞の催し物のラインナップ欄に、今回の作品展の情報掲載をして頂いていたようです!(ありがたい♡)

それをたまたま見つけて、母のとても古いご縁の方がわざわざ訪ねていらしてくださったんです。

そんなうれしい偶然ってあるんですね!

お立ち寄りの半数は海外からの観光客や留学生です。

それから、今回の作品展が通常のギャラリーでの画家や作家さんの個展などと大きく異なる点について。

それは、私や母が面識のある方以外で作品展にお立ち寄りくださる方は、とにかく海外の方が多いということ。

印象としては、お立ち寄りの方の約半数は海外からの奈良観光旅行者の方々や関西在住の留学生です。

私も母も英語は堪能ではないので、ゆっくりとそういった方々とお話はできませんでしたが、思い切って何名かの方にお国はどこかと聞いてみると、フランス、マレーシア、中国、ロシア、アルゼンチン、スペイン など本当に多彩な顔触れ。

せっかくなので、着物日傘に興味を持ってくださった方には、英語表記のリーフレットをお渡ししたり、翻訳した説明文をお読み頂くようにご案内したり、着物日傘の印象を聞いてみました。

すると、「上品」「美しい」「見たことがない」「素敵」「デザインがユニーク」「購入を検討したいけれど、一体いくらくらいするものなのか?」などうれしいご感想を頂きました。

中には、着物リメイクのケースに入った傘文レターセットをご購入いただいたフランスの方も。

レターセットのケースは、デザインが5種類あるのですが、やはり、なのかしら?フランスの方は1番日本的で美しい下の写真のような桜柄のケースのものを購入されました(写真は一例で柄の出方はすべて違います)。

おかげさまで桜柄のレターセットは完売しました!
おかげさまで桜柄のレターセットは完売しました!

今年の初夏にフィンランドに行った際も心底思いましたが、もっと英語でコミュニケーションが取れたら、より踏み込んだ作品の話もできるのになぁ…

 

せっかく興味を持って色々と質問してくださっても、それに対してうまくご説明ができないもどかしさも感じました。

英語はあくまでも伝えたい内容があってのツールではありますが、願うだけではいつまでたっても英語は上達しないので、また少しずつ英語学習も日常に取り入れたり、インスタグラムの英語投稿も頑張っていこうと思います(やるやる詐欺を脱出するぞー!)。


今回は会場をならまち格子の家にしたことで、思いがけずずっと憧れだった海外の沢山の方に自分の作品を見て頂く機会を持つことができました。

「砂糖傳増尾商店」さんとのうれしいご縁広がりも♡

作品展会場からほど近い場所には、こんな趣ある老舗の砂糖屋さんもあります。

「砂糖傳(さとうでん)増尾商店」
本店所在地  〒630-8332 奈良県奈良市元興寺町10
>>お店のホームページはこちらから

実は会期中にわざわざ砂糖傳のお店の方が、作品展に訪ねてきてくださいました。

その理由が、作品展に訪れた後に「作品展でこちらを紹介された」と砂糖傳にお立ち寄り頂くお客さまが多いらしく、そのお礼とご挨拶に来られたのです。

砂糖傳さんは、母のお気に入りのお店で、作品展にお越し頂く皆さんに熱心にご紹介していた模様。

お店の方はそのことを大変喜ばれていて、お礼に会期中に作品展のDMをお店に置いてくださることになりました!

 

うれしいご縁がサプライズで広がり、親子で喜んでいます。

 

砂糖傳さんはお店の方が皆さん気さくで優しく、美味しい金平糖や黒砂糖などを試食もさせて頂けますよ。


可愛らしいパッケージに入った色んな種類の金平糖は、見ているだけでも楽しいです。

お時間があれば、ぜひ砂糖傳さんにもお立ち寄りくださいね♪

作品展は、10月30日(水)午後2時までです!

作品展はいよいよ残すところあと2日。

明日から後半の部に入ります。

10月29日(火)明日は、午前10時より午後4時半まで。

10月30日(水)の最終日は、午前10時より午後2時まで。

最終日には私も在廊します。

10/26(土)から奈良国立博物館の正倉院展も始まっていますよ。

ご都合がつくようであれば、ぜひぜひ奈良散策も兼ねてお越しくださいね!

以上、イベント開催レポ(中間報告)でした。

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。


Casa de Paraguasの日傘は、

<「リメイク」というひと手間の魔法で、想いをカタチに>

という理念の下、託してくださった方に寄り添い、作り手の顔が見えることを大切にしながら、1本1本時間をかけて手作りしています。

 

お客さまにとって、「世界に1つの宝物」のような、「愛おしい子ども」のような存在になることを願っています。

 

「こんなもので日傘って作れるのかな?」

「こういう日傘があったらいいな」

 

お客さまが作ってほしい日傘のイメージに、できる限りやわらか頭で対応します。日傘のこと、お気軽にご相談くださいね。

 

なお、今オーダー頂きますと、仕上がりは最短で12月末を予定しています。

>>当店の日傘のオーダーメイド詳細のご案内はこちらから

 

1Dayレッスンでしたら作った日傘をその日にお持ち帰り頂けます。

>>レッスンの詳細はこちらから
※ただし、10月の作品展準備のため、9月10月のレッスン開講はお休みさせて頂きます
(※11月以降のレッスンご予約は、今からでも可能です。)

なお、当店はオーダーメイドだけでなく、着物日傘の完成品やリメイク雑貨なども、少しだけですがオンラインショップにて販売しています。

 

完成品なので、もちろんすぐにお使い頂けます。

 

オンラインショップで販売している商品は、着物をリメイク制作した私のオリジナル作品のため、すべて世界にたった1つしかないものです。

 

そのため、完売しましたら、同じものの再販はありません。

 

お時間ありましたら、ぜひ1度Online shopもご覧くださいね!


同じテーマの記事