見つけた!隠れ家のような優しい自然派長屋カフェ TARA COFFEE&HERB@尼崎市七松町(立花)


CASAリメイク作家のTammyです。

 

今日は最近見つけた兵庫県尼崎市七松町(最寄駅JR立花)にある長屋をリノベーションされた素敵なカフェ「TARA COFFEE&HERB」さんのご紹介です。

「#ステイホーム」から次の新しい暮らしへの移行

ようやく一旦は緊急事態宣言が解けたけれど、一体いつからお友達とカフェでランチとか行っていいものなの?…悩むところですよね。

宣言が解けたからといって、感染リスクがゼロになった訳ではなく、無防備に気を抜いて、不用意な感染再拡大を招いてはいけない。

  

だからといって、私たちはお互いに支え合って社会生活を送っている以上、ずっと1人で家にこもっている訳にはいけませんよね。


営業を再開されたお店も、それぞれに感染防止対策に苦心されている様子がうかがえます。

 

 

 


「今の私にできることは何かな?」

それを考えると、シンプルですが、今まで利用したことがあったり、興味のあるお店や施設に足を運んで、商品を購入したり、サービスを利用したりすること、つまり普通の社会生活を送ること、そしてそれができることに感謝しながら、暮らしを楽しむ ことではないかと思うのです。 

もちろん、私自身も手洗いや咳エチケット、ソーシャルディスタンスの確保など、必要な感染予防対策を新しい習慣にして。


実は緊急事態宣言が発令される前に、ある友人とランチに行く予定にしていたのですが、泣く泣く延期に。

「行く予定だったお店がまた営業再開したら行きたいね」なんて話をしていたけれど、今のところ、それが一体いつになるのか、まだはっきりとはわからず。

 

それで、「他にご近所に素敵なカフェは無いかなぁ?」と、土曜の夜にネットで情報収集をしていました。

それで見つけたのが、今回ご紹介する「TARA COFFEE&HERB」さんです。

ご近所の魅力再発見!情報収集で偶然見つけた隠れ家的カフェ

TARA COFFEE&HERB さんには、物販とカフェのコーナーがあり、カフェコーナーはやはりまだ営業を再開されておらず。

でも、物販コーナーは営業されていて、SNSなどで情報更新もされています。

私はコーヒーもハーブも好きなので、まずお店の名前に惹かれ。

それから、インスタグラムで見た、店主さん(かな?)の両手いっぱいのフレッシュカモミールのお花に惹かれ。

それで、インスタグラムから販売受付をされているドライの自然栽培カモミールティーを予約注文しました。

送ってもらうこともできたけれど、調べてみたら、家から自転車で約20分の距離。

買いに行けないこともない。

じゃ運動がてら買いに行こう。

直接買いに行くなら、自家焙煎コーヒーも飲んでみたい。

ってことで、ダメ元で「取りに行くときに、ちょっと一服がてらコーヒーも飲みたいんです」って言ったら、「どうぞ!」とご快諾していただき、わざわざ私の行く時間にお店を開けてくださることになりました。

お店の情報を見つけてから、カフェに伺うまで、わずか1日半足らず。

私のわがまま依頼に神対応、感謝♡♡

で、元々1人で自転車でピューと行く予定だったけれど、「明日とあるカフェにカモミールティーを買いに行くんだけど、良かったら一緒に行く?」と前述のお友達を誘ってみたら、即答で「行ってみる!」と乗ってくれた。

 

ひらめきとワクワクだけで行動した結果、とても充実した午後になりました。

今回訪れたカフェ、駅からそれほど遠くないけれど、ちょっと道がわかりにくいです。

でも、ナチュラルテイストのゆったりした落ち着いた雰囲気、こだわりのある自家焙煎コーヒーやハーブ、お野菜、ドライフラワー、手仕事なんかに興味がある方は、きっとお好きじゃないかしらー。

隠れ家的な落ち着いた雰囲気なので、あまり人には教えたくないのですが、頑張っている店主さんを応援したいのもあって、このたびブログでご紹介しようと思った次第です。

もうちょっと近かったら通いたいぐらい私の好きな雰囲気だったし、店主さんとゆっくりお話できたのもラッキーでした☆

長屋をリノベーションされた天井の高いカフェの中には、優しい色合いのドライフラワーがあちらこちらに
長屋をリノベーションされた天井の高いカフェの中には、優しい色合いのドライフラワーがあちらこちらに

店主さんのこだわりが詰まったカフェで頂く至福の1杯のコーヒー

お店に入ったらまず目についた、カフェテーブルの上のドライフラワーリース。

素敵すぎるー!

こういう雰囲気大好き!

気になる本も沢山置いてありました。

自由に手に取って読んでいいそうです。

こんなところで私の愛読書「魔女の12ヵ月」も発見!

横浜にあるハーブと魔女の専門店グリーンサムのオーナーが書かれた著書です。

「あなたにふさわしい本だから」とお友達がプレゼントしてくださり、それをきっかけに横浜のお店にも足を運ばれたとか。

 

私もいつか行きたいお店の1つなので、うらやましい!

摘んだばかりのカモミールのお花が、ちょうどドライにされている最中でした。

普段のカフェでは、店主さんがこだわって取り寄せたお野菜で作ったスープ(予約制)や焼き菓子、サンドイッチなどの軽食やハーブティーなどもオーダーできるそうですが、今は一部閉店中なので、コーヒーだけ作って頂きました。

自家焙煎コーヒーは、ホールの豆を直火焙煎器で、丁寧に手煎りするところから作ってくださいます。

お家で美味しいコーヒーを気軽に簡単に作ってみたい方には、「ほうろく」と呼ばれる煎り器で作る美味しい焙りたてコーヒー講座もされているそうですよ。

コーヒーは沢山あるコーヒーカップの中から、自分の好みのカップを選べます。

私の選んだカップは他のカップより少し小さめなので、残りはポットサービスにして出してくれました。

コーヒーのいい香りと、居心地のいい雰囲気に癒されます。

この日はわざわざ開けて頂いていたのもあり、私と友人の2人で貸し切り状態でした。

贅沢で幸せなひとときです♡

久しぶりに会えた友人と会話が弾んで、ついつい長居してしまいました。

次来るときは、ご自慢のお野菜のスープもいただきたいな。

飲むお水やお野菜も淡路島産にこだわっておられたり、珍しいコーヒーの花茶などもあるそうです。

また、週に1度、手仕事の日を設け、手仕事好きさんが集まれる手芸カフェのような企画をしたり、神戸にある畑でハーブの収穫をするイベントなんかもされているそうで。

聞けば聞くほど、興味のあるお話ばかりで、たまたま見つけたカフェなのに、不思議なご縁を感じました。




「大地を感じる優しいスローライフ」

そんな言葉が店主の山本三枝(やまもとみえ)さんの雰囲気と重なりました。

会えば元気を頂けるような、優しい笑顔をされています(*^^*)

山本さんにこのタイミングでお会いできて良かった。

急な訪問でお願いしたにも関わらず、温かなおもてなしをどうもありがとうございました♡

自家焙煎コーヒーと自然栽培ハーブのショップ&カフェ「TARA COFFEE & HERB」

ショップ&カフェ「TARA COFFEE & HERB(タラコーヒー&ハーブ)」の基本情報

【住所】〒660-0052 兵庫県尼崎市七松町3-11-4 (隣にパーキング有)※JR立花駅より南東へ徒歩約8分
【TEL】090-9991-7657
【営業時間】12:00~19:00(木・金・土・日の週4日)
【定休日】カフェスペース再開後は、月・火・水曜日を定休日にする予定だそうです。

※2020年6月4日よりカフェスペースを再開される予定だそうですが、営業日時は当面不定休になるそうなので、来店前にお問い合わせされることをオススメします。

ホームページはないそうですが、最新情報など詳細は、以下のSNS等でご確認くださいね!

インスタグラムのアカウントをお持ちの方は、メッセージ機能を使って、お問い合わせやカモミールティーのご注文等も受付されていますよ。

自分の「好き」と「できる」ことで人を幸せにするという生き方

店主さんとお話していて、ハッと思わされたことが1つありました。

 

それは最後に今後の営業予定を聞いた時。

 

「今まで火水の週2日をお休みにしていたんですが、これからは神戸にある畑や淡路島にもっと行けるように、月火水のカフェ営業をお休みにしようと思うんです」と。

 

営業日を減らすということは、それだけお店を訪れるお客さまが減るかもしれない。

 

けれど、店主さんの中で、自然農法の畑の優先順位がそれだけ高いんだな。

 

自分の生き方に、こだわりがある。

 

自然に対して、底知れぬ愛がある。

 

好きなことにこだわる中で、できることを懸命に、沢山の皆さんに愛され、支えられながら、このカフェをされてきたのだな、きっと。

 

改めて私も、自分の好きなことで、人に喜んで頂いたり、幸せな気持ちになっていただけるような生き方をしていきたいなぁと思いました。

 

ただ自分の「好き」だけを突き詰めたり、逆に世間のニーズだけを反映するような軸のない作品を作るよりは、「できること」と「好きなこと」の重なることで、人に感謝される、役に立てる仕事をしたい。

 


その答えは、今の私にとってはワークライフバランスを大事にした複業なんです。

 

実はこの春から、とある法律事務所の秘書としてのお仕事を週3日することにしました。

 

つまりリメイク作家としての作品制作に注げる時間は、実質的にかなり減ります。

 

法律事務所でのお仕事は、実は過去に10数年の職務経験がある仕事です。

依頼者の方々の人生に関わることなので、センシティブで失敗の許されない大変な仕事であり、常に神経を使いますが、とてもやりがいのある仕事だと思っています。

私の仕事は事務方であり裏方ですので、依頼者の方々と直接密に関わることはあまりありませんが、必要としてくださる場所で、お役に立てるように、自分のできることで精いっぱい頑張っていきます。

 

そして、その一方では、作家として、リメイクのライフワークも、これからも、気力、体力、情熱が続く限り、できれば命がある限り続けていく所存です。

 

今までのように、お問い合わせにすぐにご回答したり、フットワークも軽く、色んな場所に、曜日関係なくお邪魔することはできなくなります。

 

そのため、ご不便やご迷惑をおかけしてしまうことも多々あるかと思います。

ですが、だからこそ、今まで以上に求めてくださるお客さまのご期待に添えるよう、作品制作に励んでまいります。

質問へのご回答や、オーダー品の完成、商品の発送等には、これまでよりもお時間を頂くことにはなりますが、気になることがあれば、ささいなことでも、いつでも遠慮なくお問い合わせくださいね。


わがままで、不器用な生き方しかできませんが、今の私の正直な想いを、このブログを読んでくださっている方にはお伝えしておきたいと思いました。

スローペースでのお付き合いにはなりますが、これからも末永くよろしくお願いいたします。

すぐに、気軽に会えない関係性だからこそ、
顔の見える、ストーリーがあり、繋がりを感じられる
愛あるモノづくりを大事にしています。

フレッシュハーブを手土産に頂きました♡
フレッシュハーブを手土産に頂きました♡

以上、素敵な人やモノのご紹介でした。


ここまでお読み頂き、ありがとうございました。


Casa de Paraguasの日傘は、

<「リメイク」というひと手間の魔法で、想いをカタチに>

という理念の下、託してくださった方に寄り添い、作り手の顔が見えることを大切にしながら、1本1本時間をかけて手作りしています。

 

お客さまにとって、「世界に1つの宝物」のような、「愛おしい子ども」のような存在になることを願っています。

 

「こんなもので日傘って作れるのかな?」

「こういう日傘があったらいいな」

 

お客さまが作ってほしい日傘のイメージに、できる限りやわらか頭で対応します。日傘のこと、お気軽にご相談くださいね。

 

なお、今オーダー頂きますと、仕上がりは最短で2020年7月末を予定しています。

なお、当店はオーダーメイドだけでなく、着物日傘の完成品やリメイク雑貨なども、少しだけですがオンラインショップにて販売しています。

 

完成品なので、もちろんすぐにお使い頂けます。

 

オンラインショップで販売しているリメイク商品は、着物をリメイク制作した私のオリジナル作品のため、すべて世界にたった1つしかないものです。

 

そのため、完売しましたら、同じものの再販はありません。

 

お時間ありましたら、ぜひ1度Online shopもご覧くださいね!

 

5月末までの「おうち時間を楽しむ☆そうだ!大切な人に手紙を書こう」という期間限定特別キャンペーンも好評開催中です☆


同じテーマの記事