手作り日傘デビューのお手伝い☆ブログでご紹介頂きました(*^^*)


CASAリメイク作家のTammyです。

 

ひょんなことから、見よう見まねで日傘を作るようになってから、この夏でなんと6年目に入りました。

時が経つのは、本当早いですね!(しかも、年々そのスピードが早くなっているような!?)

日傘づくりを始めてから、今までに色んなびっくりご依頼がありましたが、今回も不意のお願い事に寝耳に水的びっくり。

なんと1度も会わずして、初めての日傘づくりを伴走してほしい(インタビュー形式で)というご依頼です。

さて、お会いしたこともない方に、いわばオンライン日傘づくりの家庭教師です、、、どうなることやら。

続き、ちょっと気になるでしょ!?笑。

続きは今からお話していきますので、どうぞゆっくり読み進めてくださいね。

初めての日傘づくりをサポートすることになったきっかけ

ご依頼のきっかけは、1通のお問い合わせメールから。

先日偶然Tammyさんのサイトを知り、日傘作りに大変参考になると共に、日傘に対する熱い思いやユニークな活動など楽しく拝見させていただきました。

つきましては、、、Tammyさんのご紹介も(ブログで)させて頂けないかと思いご連絡いたしました。

これはうれしいですよ!

この暑苦しい想いが詰まった私のオフィシャルサイトを沢山見てくださったんです。

そんな方からのご依頼を「受けない」という選択肢は私にはありませんでした。

もちろんどんな方なのか、書かれているブログ等でリサーチはしましたが、メールのやり取りからも信頼の置ける方だと思いました。

ただ、ご依頼は即決でOKはしたものの、実は当初インタビュー形式と聞いていたので、てっきり質問が箇条書きされたメールの1往復、ないし2往復で終わるかと思いきや、、、

日傘の生地の選び方から、UVカットスプレーなど細かい道具のお話まで、ご質問⇔ご回答を一体何往復したのでしょう!?

私は元々「人に何かを教える」ということが好きな方なので、質問をされたら、何も知らない方にもちゃんとわかってもらえるように、全力でサポートしたいと思うのです。

このあたりはサービス過剰かもしれません、笑。

けれど、誤解を招いてはいけないので、申し添えますが、私は優しい神様ではないので、自分で何も調べようとしないで、すべて1から教えてほしいという全面依存型(いわゆる奪うタイプの人)はとても苦手です。

試行錯誤をしながら積み重ねてきた経験や知識は、プライスレスですが、タダではありませんから。

今回ご依頼をくださった方は、元々手芸が大好きで、手芸に関して経験や知識が豊富な方であり、縫製の代行屋さんや手芸用品のネットショップをされている手芸のプロの方。

 

そんな方から受けるご質問ですので、なるほどなぁと逆に私が勉強になるご質問も沢山ありました。

今まで個人的に初心者の方に日傘づくりを教えるレッスンは何度も開講してきましたが、今回のように対面ではなく、すべて文字のやり取りで、1から日傘づくりをする際に生じる疑問点に、逐一お答えしていくスタイルは初めてでした。
(※日傘のレッスンは現在無期限で受付を休止しています)

貴重な体験をさせて頂きました!

hapimade手芸教室とは

ご依頼頂いたのは、「hapimade手芸教室」という手芸のお役立ちサイトを運営されている山本美千世さん。

みちよさんのプロフィールの最初には、
「手芸について一言で言えば私の生きがいでしょうか・・頭や手を使ってモノを作ることは、私にとってこの上ない喜びです。」

こんなふうに書かれています。

私にとっても、手芸、手仕事、手で何かを創り上げることは、ライフワークであり、幸せホルモンが出る活動でもあるので、とても共感します。

hapimade手芸教室のサイトには、手芸の初心者の方が知りたい情報が沢山詰まっています。

ミシンの選び方から、生地の知ってそうで知らない大事なお話、最近は話題のマスクのことも書かれていたりと、とても幅広く、手芸を趣味とする方向けの読みものとして、とても面白いです。

私も1つ記事を読むと、他のもつい気になって、結局10記事以上は閲覧したかな。

手芸が好きな方、ぜひ1度ご覧になってみてくださいね。

手作り日傘に挑戦されたみちよさんの奮闘レポートのご紹介

それでは、ご紹介頂いた記事をご覧ください(読んだら戻ってきてね!)。

とても丁寧でわかりやすく、 手作りが大好きな一読者としても楽しく読ませて頂きました。

日傘づくりをこれからチャレンジしたい方に、心強い記事になるかと思います。

完成された素敵な日傘もお写真でご覧いただけますよ。

みちよさん、素敵にご紹介してくださり、このたびはどうもありがとうございました♡

(別サイトに飛びます)

いかがだったでしょうか?

みちよさんのレポを読んだら、きっと「私も作ってみたい!」って興味を持たれた方もいるのでは?

梅雨が明けたら、ジリジリと暑ーい夏本番。

おうち時間を利用して、今年の夏は自分で作る日傘デビュー☆

なんだか素敵なイメージが浮かんできませんか?

自分で作ると、愛着もひとしおですよ!

また、手芸は苦手だけど、好きな生地で日傘をオーダーしたいという方は、良ければお気軽にご相談くださいね♡

今は月に1,2本しかオーダーが受けられない状況ですので、ご検討されている場合は、少しでもお早めにご相談頂けたらと思います。

こんなふうに複数の着物生地をリメイクで組み合わせてお作りすることもできます。
こんなふうに複数の着物生地をリメイクで組み合わせてお作りすることもできます。

以上、素敵な人やモノのご紹介でした。


ここまでお読み頂き、ありがとうございました。


Casa de Paraguasの日傘は、

<「リメイク」というひと手間の魔法で、想いをカタチに>

という理念の下、託してくださった方に寄り添い、作り手の顔が見えることを大切にしながら、1本1本時間をかけて手作りしています。

 

お客さまにとって、「世界に1つの宝物」のような、「愛おしい子ども」のような存在になることを願っています。

 

「こんなもので日傘って作れるのかな?」

「こういう日傘があったらいいな」

 

お客さまが作ってほしい日傘のイメージに、できる限りやわらか頭で対応します。日傘のこと、お気軽にご相談くださいね。

 

なお、今オーダー頂きますと、仕上がりは最短で2020年8月末頃を予定しています。

なお、当店はオーダーメイドだけでなく、着物日傘の完成品やリメイク雑貨なども、少しだけですがオンラインショップにて販売しています。

 

完成品なので、もちろんすぐにお使い頂けます。

 

オンラインショップで販売しているリメイク商品は、着物をリメイク制作した私のオリジナル作品のため、すべて世界にたった1つしかないものです。

 

そのため、完売しましたら、同じものの再販はありません。

 

お時間ありましたら、ぜひ1度Online shopもご覧くださいね!


同じテーマの記事