「和」結びの器展

2019年10月に開催された展覧会『上野町子作品展「和」結びの器展』にて展示しました作品や展覧会場の様子をご紹介します。

 

同展覧会場は、奈良県奈良市ならまち地域にある文化施設「ならまち格子の家」、海外から観光目的で訪れる方々も多いところです。

 

展覧会にお越しいただいた方々に「お国はどこか」と聞いてみると、フランス、マレーシア、中国、ロシア、アルゼンチン、スペイン、オーストラリアなど実に多彩な顔触れでした。

 

同作品展は、私の母上野町子(奈良県在住)の「陶胎」作品を中心に、私柴田民緒は協力作家として着物日傘を合計4点展示しました。

 

そして、写真家の北室静規(きたむろしずき)氏にも協力者の1人として、山郷東吉野の美しい自然の写真を数点展示していただきました。

 

同展には、ありがたいことに、5日間の会期で、国内外から少なくとも400名を超える方々に足をお運び頂きました。

 

ジャンルも個性も異なる3者の織りなす不思議な融合、そして型破りな作品たちが醸し出す和洋折衷の異空間を、一緒に楽しんで頂けたらと思います。

展示作品「虹の予感」をオリジナルポストカードにして数量限定販売しています。

オーダーメイド日傘制作も承ります。
詳細は以下でご確認いただけます。

展示作品(着物日傘のみ)は貸出可能です。

詳細は以下でご確認いただけます。