着物とデニム リメイク雑貨

暮らしをちょっと粋で上質にする 着物とデニム リメイク雑貨

実は「着物リメイクの雑貨」ってよくよく探せば結構あります。

 

おばあちゃんが着物の端切れを使って作ってくれるような、優しくて、温かくて、懐かしさが漂う和の布小物。それも味があって素敵ですよね。

 

けれどCasa de Paraguasブランドは、敢えてそのすぐにイメージができる着物リメイク雑貨から一線を画したいのです。懐かしいだけじゃない、一見異質に見えるちょっと尖ったかっこいいジャパネスク!

 

着物の「和」と、デニムの「洋」

アンティーク着物の「古さ」と、ユーズドデニムのこなれた「ダメージ感」

着物の色や柄行きの「華やかな楽しみ」と、藍色デニムの「引き締めスパイス」

 

そこには、リメイクにしかできない異素材の<組み合わせの妙>があります。

 

まだ始まったばかりの新しいプロジェクトですが、試作はもう水面下で少しずつ始まっています。そしていよいよこれから、そのワクワクを1つ1つ形にしていきます。

 

暮らしをちょっと粋で上質にする「着物とデニムリメイク雑貨」の提案は、Casa de Paraguasの夢の第2章の始まりです。

 

デザイナーは、Casa de Paraguas代表の柴田民緒

縫製担当は、地域のおばあちゃんたち

お届けしたいのはもちろん、メイドオブジャパンの手仕事を愛する世界中のみなさん

 

このプロジェクトは、代表の私1人では実現し得ない夢です。だからこそ、ここから手仕事が得意なおばあちゃんたちにラブコールを送ります。

 

尊敬すべき人生の大先輩たちには、まだまだ得意分野で活躍の場を持って、生き生きと毎日を暮らしてほしいから。「縫い仕事やったら私に任せておきや!」って笑って言ってほしいのです。おばあちゃんたちの長年の経験で培われた丁寧な仕事ぶりは、プライドとなって手のしわにもしっかりと刻まれています。私が大好きな手は、そんな大先輩たちの手なのです。

 

チームCasa de paraguasは、日本の素敵な伝統文化にオリジナルのリメイクの魔法をかけます。

 

リメイクをする前よりももっと価値のある素敵なものに仕上げて、その完成品をあなたにお届けすることをお約束します。

 

販売スタートの正式なお披露目まで、もうしばらくお待ちくださいませ。

縫製担当は手仕事が得意な地域のシニア女性
デザイナー柴田民緒と縫製担当の地域のおばあちゃん